MEGASOFT

製品情報 ダウンロード ショッピング サポート情報 ユーザー登録 ニュースリリース 販売店・デモ 採用情報 会社概要 お問い合わせ



プレゼンボードデザイナー アップデートファイル
メガソフト株式会社では、ユーザーのみなさまへのサービスの一環として、購入された製品から最新版へのアップデートファイルをインターネットを通じて公開しています。
PBD112UP.EXEファイルは、プレゼンボードデザイナー Ver.1.00を Ver.1.12にアップデートするファイルです。

※ご注意 3DマイホームデザイナーPRO Version3に同梱のプレゼンボードデザイナーはアップデートできません。

プレゼンボードデザイナー Ver.1.12へのアップデート
ファイル名  ppd112up.exe
登録日付 2003-1-10
名称 プレゼンボードデザイナー Ver.1.12へのアップデートファイル
著作権者 メガソフト株式会社
ダウンロード  pbd112up.exe 6.98 MB (7,320,105 バイト) をダウンロード
アップデート方法 ダウンロードしたpbd112up.exeを直接ダブルクリックしてください。

※以下の方法でも行えます。
(1) Windowsの[スタート]ボタンをクリックし、「ファイル名を指定して実行(R)」を選択します。
(2) [名前]欄にダウンロードしたファイル名(pbd112up.exe)を入力し、[OK]ボタンをクリックします。 このアップデートファイルで生成される Pbd.exe はVer.1.12になります。
変更履歴 主に以下の内容を修正および変更しています。
Ver.1.04→1.12
画面の解像度が1280X600のような横長の環境の場合に正方形のグリッドが横長に表示される問題を修正いたしました。
Version1.12へアップデートすると、ツールボタンが3DマイホームデザイナーPRO 3に添付されているプレゼンボードデザイナーと同じ仕様になります。
【仕様変更点】
*
[間取り図]ボタンを押した時には「*.mxm」読み込みダイアログが表示されていましたが、ダイアログは表示されなくなり画面右側に間取り図パレットが開きます。このパレットには3DマイホームデザイナーPRO Version3の連携機能から取り込んだ間取り図が表示されます。
また、mxmファイルを読み込む場合は「挿入」メニューから[間取り図(メタファイル)]を選択してください。
*
ツールバーに[パース図]ボタンが追加されました。このボタンを押すと画面右側にパース図パレットが開きます。このパレットには3DマイホームデザイナーPRO Version3の連携機能から取り込んだパース図が表示されます。
Ver.1.03→1.04
WindowsXP付属のプリンタドライバで、Epsonのインクジェットプリンタ上で印刷を行うと図形の塗りつぶしが印刷されない不具合を修正
Ver.1.02→1.03
テンポラリフォルダ内に、pbd〜.tmpというファイルが作成され、削除されない現象を修正
Windows XPで「サンプルを開く」で、サンプルフォルダが開かれない場合がある現象を修正
Ver.1.01→1.02
タイトル印刷時に枠線を透明で印刷しても、枠線が印刷される不具合を 修正
特定のプリンタで、PBD起動時(作業メニュー→用紙の設定でOK)で強制終了する現象を修正
ファイルオープンダイアログで、前回オープンしたフォルダが存在しない場合に 強制終了する不具合を修正
特定の画像をクリップボードにコピーできない不具合を修正
Windows2000で権限がUserもしくは、XPで制限ユーザーの場合に起動時にメッセージが表示される現象を修正
Ver.1.00→1.01
BMPまたはJPEGファイルとして保存する「イメージ保存」機能を追加([ファイル]→[イメージ保存])
キーIDによる、ライセンス管理機能を追加([ヘルプ]→[ライセンス数の管理])
一部のプリンターにおいて、用紙の設定で選択した用紙がプリンタ側で正しく選択されない不具合を修正
スキャナーの設定によっては、画像加工ウィザードが途中で終了してしまうことがある不具合を修正
複数ページを作成してページを削除すると、2ページ目以降の画像が保存されない不具合を修正
DXFファイルが一部のプリンタで印刷されない不具合を修正
ご注意 今回のアップデートファイルから生成されたプログラムなどに関するサポートは、通常製品と同様にメガソフト株式会社のユーザーサポート係で行います。 また、今回公開するファイルの著作権はメガソフト株式会社が所有しています。一切の内容の改変等は認められませんのでご注意ください。
なお、今回公開されたすべてのファイルは管理の都合上他のネットワーク、雑誌等への転載を禁止いたします。ただし、正規ユーザー間での公開ファイルの受渡しはこれを規制いたしません。