パソコンFAXソフト STARFAX

 

STARFAX13 使い方ガイド

誤送信を防ぐ

複数人でSTARFAXを利用する「グループFAX」機能を使うと、クライアントの宛先指定方法を制限できるため、企業にとって致命的な問題になる誤送信を防げます。

サーバーになるSTARFAXで設定を行います。
Windowsのスタートから[すべてのプログラム]→[STARFAX13]→[STARFAXステーション]を起動します。

[ステーション]→[設定]→[グループFAXサーバー]をクリックします。


[グループFAXサーバー機能を使用]をクリックしてチェックを入れます。
[誤送信防止]をクリックします。
これでクライアント(子)はサーバー(親)で準備した「電話帳」や「短縮ダイヤル」からしか宛先を選べなくなり、ダイヤル入力も行えませんので、誤送信を防止できます。


  • 接続ガイド
  • STARFAX 活用事例
  • STARFAX13 使い方ガイド
  • STARFAXサポート調査依頼