サポート情報
パソコンFAXソフト STARFAX
Windowsファイアウォールを設定する
公開日:2012年10月23日
どこでもFAX機能では、ネットワークを利用します。
Windowsファイアウォールは、このネットワークの利用をブロックすることがあります。
設定しないまま使用すると、どこでもFAX送信機能が利用できなかったり、エラーが発生することもあります。

設定方法は、OSによって異なります。
以下からご利用のOSを選択して、操作方法を参照してください。
xpvista78

■対象製品
 

■操作方法

  1. Windows「スタート」ボタンをクリックし、 「コントロールパネル」を選択します。
  2. 「Windowsファイアウォール」を選択します。
  3. 「設定の変更」をクリックします。
  4. 以下画面が表示されます。
    「全ての着信接続をブロックする」のチェックを外し、「例外」タブを開きます。
  5. 「プログラムの追加」ボタンをクリックします。
  6. 「参照」ボタンをクリックします。
  7. 「マイコンピュータ」をクリックして「ローカルディスクC」(Cドライブ)を ダブルクリックします。
  8. 以下のフォルダを開きます。
    「Program Files」⇒「MEGASOFT」⇒「STARFAX 16(または15)」
  9. 以下のプログラムを選択し、「開く」ボタンをクリックします。

     サーバー(親)の場合  「SfwM2F.exe」
     クライアント(子)の場合「SfwFax32.exe」

  10. 「OK」ボタンをクリックして、Windowsファイアウォール画面を閉じます。

▲TOPへ

一覧に戻る STARFAXシリーズ製品情報