サポート情報
パソコンFAXソフト STARFAX
「送信キューファイルがオープンできません」と表示された
公開日:2012年10月23日
STARFAXは起動する際に、送受信結果のログを確認します。
このログを管理しているファイルが、何らかの理由により 開けなかったり、壊れた場合に表示されます。

ご利用環境によって、原因が異なります。以下を参照してください。

■STARFAXを1台で利用 / グループFAXのサーバー(親)で利用
 <考えられる原因>
   1)他のアカウントでログインした際に、STARFAXを利用した
   2)データフォルダへの書き込みができなくなっている(読み取り専用など)
   3)前回STARFAX利用時に異常終了した

■グループFAXのクライアント(子)で利用
 <考えられる原因>
  STARFAXのデータフォルダを移動、または削除された可能性があります。
  データフォルダを確認してください。
  ・データフォルダの場所
   Windows XP
    C:\Documents and Settings\All Users\Documents\MEGASOFT\STARFAX 16※
   Windows 8.1 / 8 / 7 / Vista
    C:\Users\Public\Documents\MEGASOFT\STARFAX 16※

   ※「STARFAX 15」の場合は "STARFAX 15"
    「STARFAX 14」の場合は "STARFAX 14"
    「STARFAX 14 Lite」の場合は "STARFAX 14 Lite"
    「STARFAX 13」の場合は "STARFAX 13"

■対象製品

■対処法 1)他のアカウントでログインした際に、 STARFAXを利用した

  1. STARFAX関連のプログラムを終了します。
  2. パソコンをログオフします。
  3. 前回STARFAXを使用したアカウントで、パソコンにログオンします。
    ※STARFAXが起動した場合は、「×」ボタンをクリックして終了します。
  4. Windows「スタート」ボタンをクリックして、 「すべてのプログラム」を選択します。
  5. 「STARFAX 16(ご利用製品名)」を選択して、「その他の機能」を開きます。
    「サポートツール」を開き、「使用権限再設定ツール」を選択します。
  6. 以下画面が表示されますので、「OK」ボタンをクリックします。
    ※この後、他の画面は表示されません。

  7. パソコンをログオフして、使用するアカウントでログインします。



■対処法 2)データフォルダへの書き込みが できなくなっている

  1. STARFAXのデータフォルダを開きます。
    ・データフォルダの場所
       Windows XP
         C:\Documents and Settings\All Users\Documents\MEGASOFT
       Windows 8.1 / 7 / Vista
         C:\Users\Public\Documents\MEGASOFT
  2. STARFAXのデータフォルダを右クリックし、「プロパティ」を選択します。
  3. 「全般」タブの「属性」の、「読み取り専用」のチェックを外し、 「OK」ボタンをクリックします。
  4. 以下画面が表示されますので、「OK」ボタンをクリックします。



■対処法 3)前回STARFAX利用時に異常終了した


サポートセンターへ、以下ファイルをお送りください。
STARFAX 14以前  「SFWLOG3.BIN」
STARFAX 15/16   「SFWLOG3.BIN」 「SFWSNDEX.IDX」 「SFWTRANS.IDX」

お問い合わせは、こちらのお問い合わせフォームからご連絡ください。

▲TOPへ

一覧に戻る STARFAXシリーズ製品情報