サポート情報
Optimage

Optimageで「接続できませんでした」と出て、接続できない(企業向け)

公開日:2013年10月29日

■詳細

Optimageはインターネットを使った通信を行います。このため、以下のような理由で通信ができない場合があります。
Optimageの通信がブロックされている
「Optimage」のプログラムがウィルスとして誤検出されている

■手順

●Optimageの通信がブロックされている

ルータの設定やセキュリティソフトで通信の制限をかけている場合は、以下Optimageで使用する2つの通信を許可してください。
※会社などで使われていて、通信の設定を行えない場合は、システム担当の方にお伝えください。

  • 認証サーバ
    login.megasoft.co.jp
  • レンダリングサーバ
    mrs.megasoft.co.jp

※プロトコルは HTTP、HTTPS です。

なお、プロキシサーバが透過プロキシ環境、またはラウンドロビン等の負荷分散を行っているような環境で、Optimageを使うには、プロキシサーバのアドレスを固定で設定して頂く必要があります。
以下手順に沿って、プロキシのアドレスやポートを指定してください。
※会社などで使われていて、プロキシのアドレスやポートがわからない場合は、システム担当の方にお尋ねください。

  1. インターネットへの接続方法を設定するプログラムを起動
    Windowsのスタートから「メガソフトレンダリング サービスOptimage」−「ネットワーク設定」をクリックすると、「Optimage設定」の画面が開きます。
  2. プロキシサーバの指定
    「プロキシサーバを利用する」にチェックを入れて、プロキシのアドレスとポートを記入します。
    透過型プロキシの場合は、[設定]をクリックし、表示された[ユーザー認証]画面で、ログイン用のユーザーIDとパスワードを記入して[OK]をクリックします。
    プロキシ設定画面

●「Optimage」のプログラムがウィルスとして誤検出されている

「Optimage」の利用に必要な【MiRender.exe】がウィルスとして誤検出されていると考えられます。お使いのセキュリティソフトの設定画面を開いて、「Optimage」がブロックされていないかご確認ください。

または、「Optimage」を信用するプログラム(安全なプログラム)として登録してください。
登録される場合は「Optimage」の利用に必要な【MiRender.exe】を登録してください。【MiRender.exe】の場所は以下のとおりです。

3DマイホームデザイナーPRO9 EX
【64bit】C:\Program Files (x86)\3DMHPRO9\MiRender
【32bit】C:\Program Files\3DMHPRO9\MiRender

3DインテリアデザイナーNeo3
【64bit】C:\Program Files (x86)\3DIDNEO3\MiRender
【32bit】C:\Program Files\3DIDNEO3\MiRender

3DマイホームデザイナーPRO8 EX、EX2
【64bit】C:\Program Files (x86)\3DMHPRO8\MiRender
【32bit】C:\Program Files\3DMHPRO8\MiRender

3DインテリアデザイナーNeo2
【64bit】C:\Program Files (x86)\3DIDNEO2\MiRender
【32bit】C:\Program Files\3DIDNEO2\MiRender

インテリアデザイナーNeo
【64bit】C:\Program Files (x86)\3DIDNEO\MiRender
【32bit】C:\Program Files\3DIDNEO\MiRender

3DマイホームデザイナーPRO7 EXTRA PREMIUM
【64bit】C:\Program Files (x86)\3DMHPRO7\MiRender
【32bit】C:\Program Files\3DMHPRO7\MiRender

Optimage単体
【64bit】C:\Program Files (x86)\MEGASOFT Rendering Service
【32bit】C:\Program Files\MEGASOFT Rendering Service

※セキュリティソフトの設定方法については、各セキュリティソフトのマニュアルなどでご確認ください。

【バッファロー(BUFFALO)製ルータをお使いのお客様へ】
一部ルータにおいて、ファームウェアの更新を行うことで接続できるようになった例がございます。お使いのルータの型番をご確認の上、バッファロー社ホームページ内の案内に従って、更新をお試しください。
※基本的にルータのファームウェア更新でネット接続に影響がでることはないと思いますが、作業途中で突然電源を切るなど、無理な操作をされるとネット接続できなくなるかもしれません。ご不安な場合は、ルータの設定経験のある方にお手伝いいただくことをお勧めいたします。

▼WHR-G301N ファームウェア for Windows Ver.1.82(バッファロー社)
http://buffalo.jp/download/driver/lan/whr-g301n_fw-win.html

trb_001b
一覧に戻る