サポート情報
テキストエディタ MIFES 9

改行コードを変えたい

公開日:2011年7月4日

■回答

【名前を付けて保存】時に改行コードを指定して保存することで、変更できます。

該当のファイルを開いている状態で、【ファイル】-【名前を付けて保存】を実行し、ダイアログボックスの「保存時の改行」で変更したい改行コードを選択してファイル名を変更せずに保存の操作を行います。
改行コードをすべて指定したコードに変換して保存します。

名前を付けて保存ダイアログ

なお、[Enter]キーで入力される改行コードは、以下のとおり開いているファイルの文字コードにより異なります。

  • 日本語(シフトJIS)
    【設定】-【環境設定】-【動作】タブの「LFコードのみで改行挿入」の設定どおりです。
  • 日本語(Mac用シフトJIS)
    一時的にLFコードになります。
    ただし、保存時に「LF」コードは自動的に「CR」に変換されます。
  • その他の文字コード
    読み込んだファイルで多い方にあわせます。

いずれの場合も 、 【設定】-【環境設定】-【動作】タブの「LFコードのみで改行挿入」で確認・変更ができます。
この項目にチェックが付いていると、[Enter]キーで「LF」コードが入力され、 チェックが付いていないと、「CR+LF」コードが入力されます。

環境設定-動作タブ

前のページに戻る
MIFES 9 製品情報
テキストエディタ MIFESシリーズ製品情報