サポート情報
3Dプレイス

3Dプレイスの新機能が利用できない

公開日:2013年10月23日

■原因

  • 表示した3Dデータが旧バージョンの製品で作成されている。
  • 旧バージョンの3Dプレイスビューアを使用している。
  • 表示した3Dデータが新機能を利用できない製品で作成されている。
  • 表示した3Dデータが新機能を利用できない設定になっている。

■対処方法

○表示した3Dデータが旧バージョンの製品で作成されている。

  • 3Dプレイス対応製品(3DマイホームデザイナーPRO8など)と、3Dプレイスマネージャーを最新の状態に更新した後、3Dプレイスに3Dデータを登録し直してください。

    製品の更新方法は 3Dプレイス関連製品の更新方法 をご覧ください。

○旧バージョンの3Dプレイスビューアを使用している。

  • 「App Store」や「Google Play」から、最新の3Dプレイスビューアをインストールしてください。

○表示した3Dデータが新機能を利用できない製品で作成されている。

  • 利用できる機能は3Dプレイス対応製品により異なる場合があります。
    例えば「間取り図」付きの3Dデータを作成できるのは、「3DマイホームデザイナーPROシリーズ」と「インテリアデザイナーNeo」のみです。

    詳細は 「機能アップした3Dプレイス」 をご覧ください。

○表示した3Dデータが新機能を利用できない設定になっている。

  • 利用できる機能は3Dデータの登録者により設定できます。
    例えばコメントは付けられないように設定できます。
一覧に戻る
3Dプレイス サービス紹介