サポート情報
3DオフィスデザイナーLM

3Dオフィスデザイナーシリーズとのファイルの互換性について

公開日:2009年7月23 日

■詳細

「3DオフィスデザイナーLM」と「3DオフィスデザイナーPRO3、4」、3Dオフィスデザイナーシリーズの旧製品とのファイルの互換性についてご説明します。

<3DオフィスデザイナーPRO3、4との互換性>

  1. 「3DオフィスデザイナーLM」で作成したファイルは、「3DオフィスデザイナーPRO3」「3DオフィスデザイナーPRO4」で開いて編集できます。
  2. 「3DオフィスデザイナーPRO3」「3DオフィスデザイナーPRO4」で作成したファイルは、「3DオフィスデザイナーLM」で開いて編集できます。


<3DオフィスデザイナーPRO2(医療福祉版)との互換性>

  1. 「3DオフィスデザイナーLM」で作成したファイルは、[ファイル]メニューの「3DオフィスデザイナーPRO2形式(旧形式)で保存」で保存した場合、「3DオフィスデザイナーPRO2(医療福祉版)」で開いて編集できます。
  2. 「3DオフィスデザイナーPRO2(医療福祉版)」で作成したファイルは、「3DオフィスデザイナーLM」で開いて編集できます。

【制限事項】
「3DオフィスデザイナーLM」では、新しい機能やデータが追加されているため、旧形式で保存したファイルを「3DオフィスデザイナーPRO2(医療福祉版)」で開く場合、以下のような制限があります。

  1. パーツの属性情報が異なるため、集計機能では正しい集計結果が得られません。集計機能をご利用の際は、パーツを配置しなおすか、プロパティで情報を編集してください。
  2. 壁に幅木、廻り縁、腰壁などを設定している場合、設定が解除されます。
  3. [間仕切り]レイヤで配置されているパーツは削除されます。
  4. 階段は[柱・壁・床]レイヤで配置するため、[柱・壁・床]レイヤに表示されます。
    必要であれば、[備品]レイヤで階段を配置しなおしてください。
  5. [TEL・LAN]レイヤで作成された情報は、[TEL]レイヤに表示されます。
  6. [設備記号]レイヤで作成された情報は、[電源]レイヤに表示されます。
  7. 円を作成している場合、多角形として読み込まれ、数値入力によるサイズ変更はできません。
  8. 補助線の視点、終点のデザインを設定している場合、設定が解除されます。


<3DオフィスデザイナーPRO、Version2、2000との互換性>

  1. 「3DオフィスデザイナーLM」で作成したファイルは、「3DオフィスデザイナーPRO」「3DオフィスデザイナーVersion2」「3Dオフィスデザイナー2000」では開くことができません。
    [ファイル]メニューの「3DオフィスデザイナーPRO2形式(旧形式)で保存」で保存した場合も同様です。
  2. 「3DオフィスデザイナーPRO」「3DオフィスデザイナーVersion2」「3Dオフィスデザイナー2000」で作成したファイルは、「3DオフィスデザイナーLM」で開いて編集できます。
一覧に戻る
オフィスレイアウトソフト 3Dオフィスデザイナーシリーズ