サポート情報
3DマイホームデザイナーPRO8

特定のプレゼンボードデザイナーファイルが開けない

公開日:2013年5月30日


■詳細

プレゼンボードデザイナー自体は起動し、殆どのファイルは開けるが、特定のプレゼンボードデザイナーファイルを開こうとすると、そのまま強制終了したり、「メモリが不足しています」とメッセージが出るなどして開けない。
また、「ファイルを開く」から該当ファイルが入ったフォルダを指定すると強制終了する。


■原因

文字オブジェクトに不要なデータが付加されて、次回ファイルを開こうとしても、データを読めなくなっている可能性があります。


■対処方法

修正したプログラムをアップデートファイルで公開しました。
PRO8を最新版にアップデートしてください。
3DマイホームデザイナーPRO8 アップデートファイル


※アップデートファイル適用後もファイルが開けない場合は、以下をお試しください。

不要なデータを取り除いた状態でファイルを開くための修復プログラムをご用意しました。
次の「PBD_s.zip」のリンクをクリックしてプログラムをデスクトップにダウンロードしてください。

1.ダウンロードした「PBD_s.zip」を右クリック→「すべて展開」から解凍します。

2.解凍されたフォルダの中の「PBD_s.exe」を以下の場所へ移動させます。

  <64bitOSの場合>
  [ローカルディスク(C:)]→[Program Files(x86)]→[3DMHPRO8]→[PBD]

  <32bitOSの場合>
  [ローカルディスク(C:)]→[Program Files]→[3DMHPRO8]→[PBD]

3.Windows 7以降の場合、[ファイルの移動]が表示されます。
  「移動して置換」をクリックします。

4.[対象のフォルダーへのアクセスは拒否されました]が表示されたら [続行]をクリックします。
  「PBD_s.exe」がコピーされます。

5.「PBD_s.exe」をダブルクリックして起動します。

6.「白紙の状態から作成する」で適当な用紙を選び、「OK」をクリックします。

7.白紙のプレゼンボードの上に、開かなくなったプレゼンボードのファイルをドラッグ&ドロップして開きます。

8.「名前を付けて保存」で別の名前を付けて保存し直します。

9.「×」ボタンをクリックし、「PBD_s.exe」を終了します。

以上で修復手順は終了です。
通常のプレゼンボード起動を行い、ファイルが開けるかどうかをご確認ください。

一覧に戻る
3Dマイホームデザイナーシリーズページ