サポート情報
3DマイホームデザイナーPRO8

招き(への字)屋根を作成する

公開日:2013年4月9日

■詳細

屋根の「一面ずつ」作成を利用して、招き(への字)屋根の作図例をご紹介します。
このイメージは屋根の勾配を5寸にしております。


■操作方法

作図例

  1. 長い方の屋根(作図例の緑色の屋根)から作成します。屋根の勾配と軒桁の高さを設定します。

    勾配、軒桁の高さは作例の数値です。実際にデザインする建物の勾配、軒桁の高さを求めて設定してください。
  2. 短い方の屋根(作図例の青色の屋根)を作成します。屋根の勾配と軒桁の高さを設定します。

    勾配、軒桁の高さは作例の数値です。実際にデザインする建物の勾配、軒桁の高さを求めて設定してください。

    招き(への字)屋根の場合、長い方と短い方の屋根の勾配が同じであれば、短い方の屋根の軒桁の高さは必ず高くなります。
    長い方の軒桁の高さと短い方の軒桁の高さの差は、次の公式で求めることができます。

    (棟の位置から)長い方の距離−短い距離×勾配=軒桁の差

一覧に戻る
3Dマイホームデザイナーシリーズページ