サポート情報
3DマイホームデザイナーPRO8

壁編集の仕上げをきれいにする

公開日:2013年4月9日

■詳細

壁編集の[壁削除]や[壁開口]で、壁の角まで壁編集をしたとき、角の部分まで壁が削除、または開口されます。
その部分をきれいに仕上げるには、間取り画面で配置する「四角柱」を利用して、削除、または開口された角を埋めます。



■操作方法

壁編集の[壁削除]、または[壁開口]を利用して、壁の角まで設定したとき、立体化すると下の図のように壁の角まで削除、または開口されます。



角が削除、または開口された部分に、壁厚と同じサイズの「四角柱」を配置して埋めます。

  1. ナビの[壁編集/柱・梁]を選択します。
  2. パレットの[四角柱]をクリックし、作図エリアをクリックして適当なサイズの四角柱を配置します。
  3. 配置した四角柱を選択し、[柱プロパティ]でサイズの[縦]、[横]に壁厚と同じ数値を入力します。
    初期設定では壁厚は「100mm」となっています。
  4. サイズ調整した四角柱を壁編集した壁の角に移動します。
一覧に戻る
3Dマイホームデザイナーシリーズページ