メガソフト トップ > サポート > 3Dデザイナーシリーズ > よくある質問 > 画像ファイルをテクスチャとして利用する

よくあるご質問

画像ファイルをテクスチャとして利用する

デジカメで撮影した写真や、インターネットからダウンロードした画像ファイルを、そのままパース図にドラッグしてテクスチャとして利用できます。

  1. 「BMP」「JPEG」「GIF」形式の画像ファイルが保存されているフォルダを開いておき、貼り付けたい画像ファイルを、直接パース図にドラッグします。
  2. [テクスチャ設定]で、[反復回数指定]または[サイズ指定]を選択し、反復回数、またはサイズを入力して[OK]をクリックします。
    ドラッグした場所に画像が貼り付けられ、[お気に入り]の分類にテクスチャとして登録されます。
    テクスチャ設定
  • [反復回数指定]
    貼り付け対象に対して、何回反復して貼り付けるかを設定します。
  • [サイズ指定]
    貼り付け時の[幅]と[高さ]を指定します。設定したサイズで連続して画像が貼り付けられます。
カラーモードが「CMYK」のJPEGファイルは利用できません。
カラーモードを「RGB」に変換のうえ、ご利用ください。

オリジナルのテクスチャをカーテンに貼り付ける際の注意

カーテンパーツは独自のテクスチャ設定をおこなっているため、うまく貼れない場合があります。
以下どちらかの方法で貼り付けてください。

【A】テクスチャ作成時にテクスチャウィザード内で以下の設定をしておく

  • テクスチャのサイズを指定で、幅/高さ を指定
  • 貼付対象:形状
  • 貼付方法:入替え

【B】貼り付け時にテクスチャパレットの詳細設定をおこなって貼り付ける

  • 倍率:手動
  • 対象:形状
  • 方法:入れ替え
  • サイズ指定で、幅/高さ を指定

また、貼り付け時には3D画面の[床に配置]ナビに切り替えたうえで、貼り付けてください。

調査依頼

各QAページをみても解決しない場合は調査依頼ボタンから、ご不明な点をお尋ねください。
※ご依頼いただく前にユーザー登録が必要です。