メガソフト トップ > サポート > 3Dデザイナーシリーズ > よくある質問 > 階段の下に部屋を作成する

よくあるご質問

階段の下に部屋を作成する

詳細

見本のパース階段の下にトイレや収納スペースを作成する方法です。
階段の下に部屋を配置し、壁の高さを編集して階段から壁が突き出さないように作成します。

※部屋の中が見やすいように、階段下の部屋の壁を削除しています。

手順

【1】部屋、階段を配置
【2】階段下の部屋の壁高さを設定
【3】斜め天井を配置(階段裏を斜めの天井で隠したい場合)
【4】パーツを配置

操作方法

【1】部屋、階段を配置

  1. 階段を配置する前に、ナビの[部屋作成]を選択し、必要な部屋を配置します。
    この作例では、階段の下にトイレと廊下(多角形で入力)を配置します。
    部屋を配置
  2. ナビの[階段配置]を選択し、階段を配置します。この作例では、直進階段を配置します。
    階段を配置

【2】階段下の部屋の壁高さを設定

階段の下には部屋が2つ配置されており、そのまま立体化すると、階段の途中に部屋の壁が飛び出てしまいます。
これを防ぐため、壁高さの設定をおこないます。

  1. 階段プロパティ階段をクリックし、「階段のプロパティ」で「蹴上げ」の数値を控えておきます。(作例では「207 ㎜」)
  2. ナビの[壁編集/柱・梁]を選択し、パレットの[壁高さ]をクリックして、トイレと廊下の間の壁をクリックします。
    f0042_03a
  3. 壁の高さを編集続けて、設定した[壁高さ] の[壁編集プロパティ]で「高さ」に数値を入力します。
    トイレと廊下の間の壁が階段から飛び出さないようにするため、壁が階段と接するまでの高さを計算します。
    壁が階段と接するまでの高さ = 「蹴上げの高さ」 × 「階段の段数」-「踏板の厚み」 となります。
    ※この作例では、 207 ㎜ × 9段 - 踏板の厚み(30mm) = 「1833」㎜ になります。

【3】斜め天井を作成(階段裏を斜めの天井で隠したい場合)

  1. 階段デザイン変更階段をクリックし、「階段のプロパティ」で[デザイン変更]をクリックします。
  2. 階段デザイン変更画面の[詳細設定]内にある[裏側]で「板貼り」を選択して[OK]をクリックします。
    階段裏側の処理

※PRO7、LS4以前のバージョンの場合、階段を斜め天井で隠すには、立体化後、3D画面にて[形状作成ツール]で天井板を作成します。「階段のプロパティ」で「勾配」の数値を控えておいてください。操作手順はこちらのPDFの[操作3]をご覧ください。

【4】パーツを配置

  1. ナビの[住宅設備]を選択し、必要なパーツを配置します。
    この作例では、トイレの部屋に[洗面・トイレ]タブからトイレ(便器)を配置します。
  2. 立体化して、階段下の部屋の内部を確認します。
調査依頼

各QAページをみても解決しない場合は調査依頼ボタンから、ご不明な点をお尋ねください。
※ご依頼いただく前にユーザー登録が必要です。