メガソフト トップ > サポート > 3Dデザイナーシリーズ > よくある質問 > 対応のビデオカードを使用しているが、動作チェックウィザードやグラフィックスライブラリ切り替えで使用不可と判定された

よくあるご質問

対応のビデオカードを使用しているが、動作チェックウィザードやグラフィックスライブラリ切り替えで使用不可と判定された

詳細

DirectX11やOpenGL4対応のビデオカードを使用しているが、動作チェックウィザードやグラフィックスライブラリ切り替えで使用不可と判定された場合の対処法をご説明します。
trb0109_1

原因

複数のグラフィックアクセラレータが搭載されたPC(例:Intel HD 4000とGeForceなど)の場合、自動的に高性能の方が使われるようになっていません。
ご利用製品の実行形式ファイル(exe)を個別に登録する必要があります。

対処法

グラフィックスコントローラーで、以下の5つのプログラムを登録します。

▼3DマイホームデザイナーPRO9/3DインテリアデザイナーNeo3/3D住宅リフォームデザイナー2

  • [インストールフォルダ]\program\ArchiPro2015.exe
  • [インストールフォルダ]\program\Archi3D.exe
  • [インストールフォルダ]\program\mmutl.exe
  • [インストールフォルダ]\envcheck\MmEnvChecker.exe
  • [インストールフォルダ]\envcheck\MmEnvViewer.exe

▼3DマイホームデザイナーPRO8

  • [インストールフォルダ]\program\3dmenuPRO8.exe
  • [インストールフォルダ]\program\3DMHPRO8.exe
  • [インストールフォルダ]\program\mmutl.exe
  • [インストールフォルダ]\envcheck\MmEnvChecker.exe
  • [インストールフォルダ]\envcheck\MmEnvViewer.exe

▼3D住宅リフォームデザイナー

  • [インストールフォルダ]\program\3DMenuRD.exe
  • [インストールフォルダ]\program\3DRD.exe
  • [インストールフォルダ]\program\mmutl.exe
  • [インストールフォルダ]\envcheck\MmEnvChecker.exe
  • [インストールフォルダ]\envcheck\MmEnvViewer.exe

▼3DインテリアデザイナーNeo2

  • [インストールフォルダ]\program\3didMenuNEO2.exe
  • [インストールフォルダ]\program\3DIDNEO2.exe
  • [インストールフォルダ]\program\mmutl.exe
  • [インストールフォルダ]\envcheck\MmEnvChecker.exe
  • [インストールフォルダ]\envcheck\MmEnvViewer.exe

[インストールフォルダ]は、インストール時に変更していなければ、以下の場所となります。

▼3DマイホームデザイナーPRO9/3DインテリアデザイナーNeo3/3D住宅リフォームデザイナー2

  • 32bit版Windowsの場合「C:\Program Files\3DMHPRO9」
  • 64bit版Windowsの場合「C:\Program Files (x86)\3DMHPRO9」

▼3DマイホームデザイナーPRO8

  • 32bit版Windowsの場合「C:\Program Files\3DMHPRO8」
  • 64bit版Windowsの場合「C:\Program Files (x86)\3DMHPRO8」

▼3D住宅リフォームデザイナー

  • 32bit版Windowsの場合「C:\Program Files\3DRD」
  • 64bit版Windowsの場合「C:\Program Files (x86)\3DRD」

▼3DインテリアデザイナーNeo2

  • 32bit版Windowsの場合「C:\Program Files\3DIDNEO2」
  • 64bit版Windowsの場合「C:\Program Files (x86)\3DIDNEO2」

NVIDIA GeForce、Quadro シリーズをお使いの場合

1)[NVIDIAコントロールパネル]を表示させます。

  1. デスクトップ上で右クリックします。
  2. 表示されたコンテキストメニューから[NVIDIAコントロールパネル]を選択します。[NVIDIAコントロールパネル]が起動します。
右クリックメニューの表示

2)プログラム設定タブを開きます。

  1. [NVIDIAコントロールパネル]の画面左枠内[タスクの選択]から「3D設定の管理」を選択します。
  2. 同画面の右枠内から[プログラム設定]タブをクリックして開きます。
    設定画面の切り替え

3)プログラムを選択します。

  1. 「1.カスタマイズするプログラムを選択する」の「▼」をクリックして、下にリストが表示されます。
  2. 表示された一覧から、上記5つのプログラムにあてはまるものが表示されていれば選択します。

    trb0109_13リストの中にプログラムが表示されていない場合は、[追加]ボタンをクリックし、プログラムのあるフォルダを開きます。
    プログラムを選択して[開く]ボタンをクリックします。

    プログラムを追加する

4)プロセッサの選択を行います。

  1. 「2.このプログラム用の優先するグラフィックス プロセッサを選択する」の項目の「▼」をクリックして「高パフォーマンス NVIDIA プロセッサ」を選択します。
  2. 右下の[適用]ボタンをクリックします。
    プロセッサの切り替え

5)再度「3)」「4)」の操作を行います。
 「3)」で選択しなかった他の4つのプログラムも同様にそれぞれ選択して「4)」の操作を行います。


Radeon HDシリーズをお使いの場合

1)[AMD VISION Engine Control Center]を表示させます。

  1. デスクトップ上で右クリックします。
  2. 表示されたメニューから[切り替え可能なグラフィックを設定する]を選択します。
      [AMD VISION Engine Control Center]が起動します。
    trb0109_20

2)プロセッサーの変更を行います。

  1. 以下画面内の「最近使用したアプリケーション」にある上記5つのプログラムの内容を確認します。
  2. [割り当てなし]、または[省電力]になっていれば、クリックして[ハイ パフォーマンス]に切り替え、右下の「適用」ボタンをクリックします。trb0109_22切り替え後
  3. 「最近使用したアプリケーション」に5つのプログラムがなければ「参照」ボタンをクリックして追加します。
      同様に「2)-2.」の操作を行います。
    無かった場合は参照を押す
調査依頼

各QAページをみても解決しない場合は調査依頼ボタンから、ご不明な点をお尋ねください。
※ご依頼いただく前にユーザー登録が必要です。