メガソフト トップ > サポート > 3Dデザイナーシリーズ > よくある質問 > 手すり壁の上に笠木を作成する

よくあるご質問

手すり壁の上に笠木を作成する

詳細

壁編集の[壁高さ]で作成した階段の手すり壁に、笠木を作成する方法です。
笠木は、間取り画面で配置できる「梁」を利用し、配置高さや梁自体の高さを調整して作成します。
作成例

操作方法

  1. ナビを[壁編集/柱・梁]を選択します。
  2. パレットの[梁]をクリックし、作図エリアをクリックして適当なサイズの梁を配置します。
    梁を配置
  3. 配置した梁を選択し、[梁プロパティ]で[高さ設定方法]を「床からの高さを指定」に切り替え、[梁高(梁成)]に笠木の厚み、[床からの高さ]に笠木の下端の配置高さを入力します。
    平面サイズの[横]、[縦]に笠木のサイズを入力ます。
    サイズ調整した梁をドラッグして[壁高さ]で編集した壁の上に移動します。
    サイズ調整した梁を壁の上に移動
  4. ナビの[立体化]をクリックし、3D画面でナビの[壁紙設定]を選択します。
  5. テクスチャパレットや色パレットに切り替え、「梁」で立体化された笠木にテクスチャや色を貼り付けて仕上げます。ここでは[連続貼付]をオンにしています。
    笠木にテクスチャや色を貼り付け
    「梁」を編集するときは[間取り編集へ]をクリックし、間取り画面に戻って編集します。
    但し、梁や照明パーツは、選択するナビによっては非表示になっています。ツールバーの[天井]をオンにして、梁を表示してから編集します。
    ツールバー
調査依頼

各QAページをみても解決しない場合は調査依頼ボタンから、ご不明な点をお尋ねください。
※ご依頼いただく前にユーザー登録が必要です。