STARFAX Server STDの動作環境と仕様について

STARFAX Server STDロゴ

仕様・動作環境

動作環境

制限事項 管理者(Administrator)権限が必要
対応OS Windows Server 2016 (Standard Edition、EssentialsEdition)
Windows Server 2012/ 2012 R2 (Standard Edition、Essentials Edition)
Windows Server 2008 /2008 R2(Standard Edition、Enterprise Edition)
Windows 10 /8.1 / 8 / 7 / Vista / XP
  • 各日本語版のみ
  • 64bitOS上では、32bitアプリケーションとして動作
  • Windows 10/8.1/8上ではデスクトップアプリとして動作
CPU OSが推奨するCPU以上
メモリ OSが推奨するメモリ以上
ハードディスク 200MB以上の空き容量が必要
  • 運用時は蓄積するFAX送受信原稿分(平均的なA4サイズ原稿1ページで80KB程度)の空き容量が必要
ネットワークアダプタ 100MbpsEthernetネットワーク
FAX モデム G3規格に対応したFAXモデムが必要
  • 多回線でご使用いただく場合は、ご使用いただく回線分のRS-232C接続のFAXモデム、増設用ボードも必要
  • RS-232C接続のFAX モデムをご使用いただく場合は、シリアル(COM)ポートが必要
  • FAXモデムのドライバーが使用パソコンのOS に対応していること
FAX回線 一般加入電話回線、IP電話回線(光、ADSL)、ISDN回線
  • 一般電話機またはFAX機が利用できる回線
ディスプレイ 解像度800×600以上、65,536色以上が必要
周辺機器など CD-ROMドライブ(セットアップ時)、マウス、キーボード

開発環境

開発環境 OCXコントロールを利用できる環境。
  • サンプルプログラムはVisual Basic 2005、Visual Basic 6.0日本語版 SP6で作成されています。

FAX通信仕様

通信機能 G3規格準拠
通信速度 14400~2400bps
モデム制御規格 Class 1.0/Class 1
原稿解像度 ノーマル:200×100dpi
ファイン:200×200dpi
スーパーファイン:200×400dpi
FAX通信時の圧縮方式 MH/MR/MMR
原稿作成時の圧縮方式 モノクロ時:PackBits
対応用紙サイズ A3/B4/A4/B5/A5
備考 2回線で利用する場合は、2回線分のRS-232C接続のFAXモデムと、RS-232C増設用ボードが必要。

入力形式

送信原稿 印刷機能のあるアプリケーションのデータならすべて原稿として指定可能
電話帳 XLS/XLSX/CSV/SFT

出力形式

送受信原稿 SFD/TIFF/JPEG/BMP/PDF
送受信記録 CSV
電話帳 CSV/SFT