パソコンFAXソフト STARFAX 16のグループFAX機能をご紹介

STARFAX 16ロゴ

グループFAX機能

LAN内の複数台のパソコンでSTARFAXをつかう

同じLAN内にある複数台のパソコンに、STARFAX 16のクライアント
プログラムをインストールすることで、どのパソコンからでもFAX送信
を行えます。
クライアント(子)の接続数制限もなく、追加も簡単です。
また、送受信FAXや電話帳などのデータをサーバーで一元管理が
できるので、信頼性の高い運用が行えます。

グループFAXの使用イメージ

送信先を限定して誤送信防止


STARFAX 16のサーバーでは、クライアントの送信先の指定方法を限定する
ことができます。
直接注力するダイヤルパネルをロックして、電話帳に登録済みの宛先にだけ、
指定させる設定にしておけば、番号の押し間違いなどで間違った番号に、
送信してしまうこともありません。

左図の設定の場合、電話帳、短縮ダイヤルはサーバーで登録されたものしか
使用できなくなっており、また編集することもできません。
ダイヤル入力は使えない状態です。

グループFAX設定画面

外出先でもクライアントからFAX送信

外出先に持ち出したクライアントパソコンでも、インターネットが利用できる環境なら 「どこでもFAX機能」を使ってFAX送信が行えます。
また、サーバーで受信したFAXは、「転送・印刷機能」を使って、受信結果を確認することができます。

どこでもFAXを使ってFAX送信

送信した履歴や電話帳、短縮パネルもサーバーで管理

各クライアントパソコンのFAX送信データと、設定はすべて
サーバー上に保存されるので、クライアントにトラブルが
発生した時でも、今までのクライアント環境をすぐに復元
できます。

また、パソコンの入れ替えの時でも、スムーズに新しい環境に
引っ越しできるようウィザードを新たに搭載。
管理にかかる手間を省きます。

データ移動が簡単なウィザード画面
STARFAX 16ライセンス製品

ライセンスの考え方

例えば、サーバー1台、クライアント3台のパソコンで使用する場合、通常パッケージ版を 3つ購入するよりも、パッケージ版を1つとライセンス製品を2つ購入する方が断然お得!

ライセンスの考え方

FAX送信へ  FAX受信へ  転送印刷へ  グループFAXへ