ニュースリリース トップへ
メガソフト株式会社


2001年9月18日 ニュースリリース
<報道関係者各位>

簡単・高機能FAXソフト STARFAXシリーズの新製品
「STARFAX2002」発売

〜ビジネスの要求に的確に応えるFAXソフト
多彩な機能を使いやすくまとめて 新登場〜


Windows XP/Me/98/95/2000/NT4.0対応 標準価格 7,800円(税別) 10月12日発売


メガソフト株式会社(本社:大阪府吹田市、社長:前坂昇)は、業務の効率化やコスト削減に対してシビアなニーズをもつビジネスの現場で威力を発揮するFAXソフト「STARFAX2002(スターファクス ニセンニ)」を、2001年10月12日(金)より発売いたします。

E-mail・WWWをはじめとするインターネット利用がこれだけ普及した今も、FAXはビジネスの基幹業務を支える重要なコミュニケーションの手段として活躍しつづけています。

メガソフトでは、14年前に初めてパソコンFAXを開発して以来、常に時代のニーズに即したかたちで、FAXを始めとした通信ソリューションを提供しつづけてまいりました。
「STARFAX2002」は、その中のパソコンFAXソフトシリーズにおける13代目の製品となります。

長年培ってきた豊富な経験と情報を持つ「STARFAX」は、ビジネスに求められる「信頼性」を充分に備え、官公庁、国内の大手企業での大規模な導入をはじめ、5万3千件以上の様々な業種の企業での導入実績を誇ります。


<ビジネスの現場で本当に役立つFAXソフト>

今回の新製品「STARFAX2002」は仕事の現場で本当に使いやすい製品を目指し、様々なビジネスシーンにおけるFAXの使われ方の調査をもとに、仕事の効率アップが図れる操作手順の最適化を行った「ビジネス用FAXソフト」です。
また、日本企業の慣習である「捺印」のニーズを満たす「はんこ」機能を新たに搭載し、パソコン上だけでFAXの送受信作業が完結できる手軽さを実現しました。
さらに、カラーFAX、スキャナ・デジカメ画像の取り込み、コストや手間を削減する、エコノミーモード通信、時間指定による自動送信など、仕事におけるFAX活用のためのさまざまな工夫を盛り込んでいます。
初めての方でも分かりやすくお使いいただけるガイダンスも充実し、使い慣れるに従い、すばやく操作していただけるよう、ユーザーインターフェースも向上しています。

「STARFAX2002」は、ビジネスの現場に即した、簡単・高機能FAXソフトです。


「STARFAX2002」製品サイト
 http://www.megasoft.co.jp/sf/


■新機能ご紹介

「やさしく、使いやすく」操作性を改善し使い勝手をUP
初めての方には「文字・音声ガイダンス」が、文字と音声でやさしくサポートします。
使い慣れたころに文字・音声ガイダンスをOFFにすれば、より少ない手順でテキパキと操作できます。

ビジネスに欠かせない「はんこ機能」を搭載
送信する原稿や受信したFAXに「名前印」「日付印」「ビットマップ印」の3種類のはんこを自由にデザインして捺印できます。
はんこを押すために、わざわざプリントアウトしていた方も、これからはパソコン上からダイレクトFAXが可能です。

カラーFAX対応
国際規格ITU-T.30E準拠にした、カラーFAXに対応しました。
モノクロFAXでは表現できなかった、感性までも伝えることができます。
相手がモノクロFAXだった場合でも、自動的にモノクロ変換して送ります。
もちろん送付状もカラーで作成可能です。

スキャナ・デジカメからの画像も簡単FAX
TWAIN対応のスキャナやデジカメから、原稿を直接取り込んでFAX可能です。
取り込んだ画像に、文字や図形を書き込んだり捺印する事もできます。

差出人切り替え
20人までの差出人を登録して、送信時に差出人名を切り替えて送信できるようになりました。
切り替えた差出人名は、送付状やFAXのヘッダに自動差し込みができます。

送信原稿をストック
自社製品のカタログなどの原稿をあらかじめ登録して、必要なときに手早くFAXする事ができます。
原稿の登録も簡単に行えるよう工夫しました。

送信先のスポット入力
STARFAX2002では、電話帳に登録することなく送信画面で直接相手先の情報を入力でき、送付状の自動作成などに利用できます。
電話で応対しながら入力する場合など、少しでも素早く簡単に入力したいときに威力を発揮します。

「手書き」もできる新規原稿作成
STARFAXの中で、新規原稿を作成可能になりました。
手書き感覚で書くことや、デジカメやスキャナデータの貼り付け、テキストの書き込み、はんこの捺印など、多彩な原稿を作成できます。

確実な運用をサポートする「モデムチェック」
使用するモデムやパソコンをチェックして、安全確実な運用をサポートします。

ワンステップ送信をさらに強化
ファイルをドロップするだけで、FAX番号の指定すら必要とせずに送信が行える「ワンステップ送信」をさらに強化しました。
たとえば、毎月全国の営業所にレポートを送るような場合、その原稿のファイル名にFAX番号を埋め込んでおきます。
(例:FAX[06-6147-2764]大阪営業所.DOC)
このファイルをSTARFAXにドラッグ&ドロップすると、後は何もしなくてもファイル名に埋め込まれた番号に自動的に送信します。
複数のファイルをドロップすれば、異文書同報が驚くほど簡単に行えます。
さらに原稿をプレビューしてから送信したい方のために、送信前の一時停止オプションを追加しました。
*一部のアプリケーションではこの機能は利用できません。
*ファイルごとに、そのファイルを作成したアプリケーションを呼び出すので、たくさんのファイルをドロップした場合には、時間がかかることがあります。


書き足し
送信直前に、FAX原稿への文字や線の書き込み、はんこの捺印、ページの追加/削除、画像の張り付けなどが可能となりました。
たとえば、送信直前に書き間違いに気が付いた場合や、元原稿を変更したくない場合などに、送信直前の原稿に直接書き足すことができます。


■画像データのダウンロード

製品の紹介時にご利用ください。
下記の表示画像と同じ内容で、より精細な画像ファイルがダウンロードできます。

STARFAX2002 パッケージ画像 STARFAXステーション
▲パッケージ画像
sf2002_pac.lzh (988KB)
解凍後:sf2002_pac.bmp
(2,681KB、851X1074ピクセル)

▲STARFAXステーション
sf2002_station.lzh (72KB)
解凍後:sf2002_station.bmp
(609KB、542X383ピクセル)


■動作環境

●パソコン 下記OSが動作可能なDOS/Vパソコン、NEC PC-NXシリーズ・PC9800シリーズ
●OS 日本語Windows XP*/Me/98/95(OSR2以上)/2000/NT4.0(ServicePack4以上)
(Windows XPはRC版で動作確認)
*WindowsXPではアプリケーションを起動したまま、ログオンユーザーを切り替えられますが、 この機能には対応しておりません。
●CPU Pentium166MHz以上
(カラーFAX利用にはPentiumU200MHz以上)
●メモリ Windows Me/98/95使用時:32MB以上
Windows XP/2000/NT4.0使用時:64MB以上

・カラーFAXを利用する場合
Windows Me/98/95使用時:64MB以上
Windows XP/2000/NT4.0使用時:96MB以上
●ハードディスク インストール時 約65MBの空き容量が必要 
●通信機器 Class1、Class2、Class2.0のいずれかに対応したFAXモデムまたは、携帯・PHS用FAXアダプタが必要
●ディスプレイ 解像度:640×480ドット以上
発色数:3万2千色以上
●サウンドデバイス 音声ガイダンスを利用するには、サウンドカードおよびスピーカーが必要


■製品情報

●製品名 STARFAX2002(スターファクス ニセンニ)
●ジャンル FAXソフト
●販売対象 SOHO、企業、個人ユーザー
●発売日 2001年10月12日(金)
●標準価格 7,800円(税別)
●JANコード 4956487002371
●対応機種 Windows XP/Me/98/95(OSR2以上)/2000/NT4.0(SP3以上)
(Windows XPはRC版で動作確認)
●開発・発売 メガソフト株式会社
●流通方法 パソコンソフト流通ルート(パソコンショップ、家電量販店)
登録ユーザーへのバージョンアップ販売
メガソフトホームページでの販売、その他
<無償バージョンアップについて>
2001年9月1日以降に「STARFAX2000」をお買い求めいただき、10月31日までにユーザー登録いただいたお客様へは、「STARFAX2002」の無償提供サービスを実施いたします。


掲載用、お客様からのお問い合わせ先
    メガソフト インフォメーションセンター
    TEL:06−6386−2072
    FAX:06−6386−2123
    〒564-0053 大阪府吹田市江の木町1-38 西谷東急ビル
    受付け時間:9:30〜11:45 13:00〜17:00(土曜、日曜、祝祭日をのぞく)

   ●情報提供ホームページ(URL)
    http://www.megasoft.co.jp/


■報道関係者からの取材お申込み、お問い合せ先
    メガソフト株式会社  広報室
    〒564-0053 大阪府吹田市江の木町1-38 西谷東急ビル
    Tel:06-6131-5028 Fax:06-6147-2764
    E-mail:press@megasoft.co.jp