ニュースリリース トップへ
メガソフト株式会社


2002年10月2日 ニュースリリース
<報道関係者各位>

<3Dインテリアデザイナー関連ニュース>

「Web3Dショールーム」
「情報化月間推進会議議長表彰」を受賞


メガソフト株式会社は、政府が推進する「平成14年度情報化月間」において 「平成14年度情報化促進貢献情報処理システム表彰 情報化月間推進会議議長表彰」 を受賞いたしました。

メガソフトの高機能インテリアシミュレーションソフト「3Dインテリアデザイナー」で作成した室内の3D空間をWeb上に再現できる「Web3Dショールーム」 のシステムが評価され、10月1日、東京全日空ホテルで開催された「情報化月間記念式典」にて表彰を受けました。

「情報化月間」とは、経済産業省をはじめ、内閣府、総務省、財務省、文部科学 省、国土交通省と(財)日本情報処理開発協会によって構成される「情報化月間 推進会議」が毎年10月を中心に全国で様々な行事、取り組みを行うものです。
今年度のテーマは「ITで創る21世紀 〜いつでも身近にユビキタスネットワーク」で、ITが経済・社会、さらに個人の生活のあらゆる場面にまで浸透することが21世紀の新たな発展のカギになる、という観点が盛り込まれています。 この表彰制度では、政府が推進する情報化に著しく貢献した個人や企業のシステムなどが表彰されます。


■システム名称

3Dインテリアデザイナー「Web3Dショールーム」
このサービスは終了しました

■表彰理由
Webブラウザ上で3D によるインテリア空間の展示が行える。3Dインテリアデザイナーで作ったデータを登録し、インターネット上で公開することが可能。独自のダイナミックラジオシティ技術で、Webブラウザ上に本物のような美しい3Dインテリア空間を実現。


<Web3Dショールーム概要>

「Web3Dショールーム」は、メガソフトが販売している高機能3Dインテリアシミュレーションソフト「3Dインテリアデザイナー」で作成した室内の3D空間を、インターネット上に設けられた専用のスペースに置くことによって、自分専用のショールームとして、一般に広く公開することができ、訪問者は誰でもショールーム内の3D空間を歩くように体験することのできるシステムです※。
また、プライベートショールーム機能では、指定した相手にだけメールで招待し、公開することができるため、遠隔地へのインテリア空間のプレゼンテーションなどにもご活用いただいています。
※対応ブラウザ:Windows版 InternetExplorer

<『3Dインテリアデザイナー』概要>
「3Dインテリアデザイナー」シリーズでは、マウスの簡単な操作で3Dの室内空間が作成できます。あらかじめ収録されている数千点の家具や照明などのハイクオリティーな部品データを配置するだけで美しくリアルな空間が表現できる、高機能インテリアシミュレーションソフトです。

メガソフトは、今後も3Dシミュレーションをはじめ、有益な情報化技術をもっと身近なものにするソフトウェア商品の提供に取り組んでまいります。


関連リンク

●3Dインテリアデザイナー紹介ページへ
http://www.megasoft.co.jp/3did/


■画像データのダウンロード

製品の紹介時にご利用ください。
下記の表示画像と同じ内容で、より精細な画像ファイルがダウンロードできます。

3Dインテリアデザイナー 操作画面(1)

▲Web3Dショールーム画面
web3d-psv.lzh (342KB)
解凍後:web3d-psv.bmp
(1,595KB、750X725ピクセル)


■お客様からのお問い合わせ先
    メガソフト インフォメーションセンター
    TEL: 06-6147-2780
    FAX: 06-6131-5081
    〒530-0015 大阪市北区中崎西2-4-12 梅田センタービル11階
    受付時間:9:30〜11:45 13:00〜17:00(土曜、日曜、祝祭日をのぞく)

■情報提供ホームページ(URL)
    http://www.megasoft.co.jp


■報道関係者からの取材お申込み、お問い合わせ先
    メガソフト株式会社  広報室
    〒530-0015 大阪市北区中崎西2-4-12 梅田センタービル11階
    TEL: 06-6131-5028 FAX: 06-6147-2764
    E-mail:press@megasoft.co.jp