メガソフト ニュースリリース
[ ニュースリリース一覧 ]
2005年8月31日 ニュースリリース<報道関係者各位>

FAXシステム開発用途に 「STARFAX2005 OCXライセンス」、
「STARFAX Engine」の2製品を8月31日に同時発売

パソコン用FAXソフトのブランド“STARFAX(スターファクス)”を開発・販売するメガソフト株式会社は、既存のシステムやソフトウェアに少工数でFAX通信機能を追加できる2種類の製品、「STARFAX2005 OCXライセンス」と「STARFAX Engine」を、8月31日(水)に同時発売いたします。

■企画意図

パソコン利用の一般化により、中堅から小規模の事業所まで、業務のシステム化ニーズの裾野が広がりを見せています。まだまだファクシミリの利用頻度が高いそれらの事業所では、“業務のシステム化=FAXの電子化”が課題となっており、システムインテグレータはさまざまなFAXシステムニーズに対応できる製品を求めています。
メガソフト株式会社では、簡易的なカスタマイズ用途向きの「STARFAX2005 OCXライセンス」と、自由度・拡張性に優れた高付加価値のFAXシステムを構築できる「STARFAX Engine」の2製品を提供し、幅広いニーズに応えてまいります。

■STARFAX2005 OCXライセンス

「STARFAX2005 OCXライセンス」は、販売中のパッケージソフト「STARFAX2005」の各機能をVBやVC++で作成したユーザーアプリケーションからコントロールするためのもの(=ActiveXコントロール)で、STARFAX2005をインストール後に今回発売のライセンスキーを追加登録することで使用可能になります。
OCXを活用してプログラミングすると、例えば、ユーザーアプリケーション上に用意した“FAXボタン”によって、原稿と宛先情報をSTARFAX2005に引き渡し、自動送信させるなど、STARFAX2005のユーザーインタフェースを活用したFAXシステムが手軽に実現できます。もちろん、汎用の業務ソフトへのFAX機能の追加にも有効です。なお、開発に必要な資料類や、サンプルプログラム、体験版なども用意され、サポートサービスも付属します。

■STARFAX Engine

「STARFAX Engine」は、Windowsのサービスモード(※1)で動作するFAXエンジンで、最大4回線の送受信機能をもつ本格的なFAXシステムを容易に開発することができます。指定されたフォルダへのファイルの読み書きだけで、送受信から通信記録の取得まですべての制御が可能なため、開発言語を選ばずあらゆるシステムと適合します(VBプログラムで便利なOCXも提供)。
また、追加オプションなしで4回線まで拡張可能。エンジン自身は操作画面のないサービスプログラムのため、ユーザーが作成した画面のみで処理を完結することができます。
複数のFAX機器の機能を集約するFAXサーバーや、一貫した操作性を提供できるフルカスタマイズのシステムなど、TCO(※2)削減に繋がる、より高付加価値のシステムを提案・開発できます。開発に必要なマニュアルや、VC++、VBのサンプルソースプログラム、サポートサービスが充実しており、少工数での開発を実現します。

※1 Windowsサービスモード:ユーザーのログイン操作にかかわらず、OSの起動時に常駐するサーバー用途に
    欠かせないモード。
※2 TCO(=Total Cost of Ownership):導入コストのみならず維持・運用コストを含めた総コストのこと。

■ダウンロード画像

※以下の画像ファイルをダウンロードできます。

「STARFAX2005 OCXライセンス」イメージ画像
「STARFAX Engine」イメージ画像
▲「STARFAX2005 OCXライセンス」イメージ画像
sf_ocx.lzh(56KB)
解凍後:sf_ocx.bmp(1.35MB)
▲「STARFAX Engine」イメージ画像
sf_engine.lzh(32KB)
解凍後:sf_engine.bmp(2.23MB)

■STARFAX2005 OCXライセンス 製品概要

製品名 STARFAX2005 OCXライセンス
ジャンル 開発ライブラリ
発売日 2005年8月31日(水)
価格
標準価格 8,190円 (本体価格 7,800円)
※大量導入や汎用製品への組み込み等は、別途ご相談に応じます。
企画・開発・発売 メガソフト株式会社
流通方法 パソコンソフト流通ルート、メガソフト直販(メガソフトオンラインショップ)
開発環境 OCXを利用できる開発環境(サンプルプログラムはVisual Basic Ver6.0
日本語版Service Pack6で作成されています)
動作環境 STARFAX2005の動作環境に準じます。
※詳細は、http://www.megasoft.co.jp/sf2005/product/spec.html をご参照ください。
製品紹介URL http://www.megasoft.co.jp/sf2005_ocx/

■STARFAX Engine 製品概要

製品名 STARFAX Engine
ジャンル 開発ライブラリ
発売日 2005年8月31日(水)
価格
標準価格 367,500円 (本体価格 350,000円)
※大量導入や汎用製品への組み込み等は、別途ご相談に応じます。
企画・開発・発売 メガソフト株式会社
流通方法 パソコンソフト流通ルート、メガソフト直販(製品ページより申し込み)
開発環境 指定無し(OCX型APIを利用する場合は、OCXを利用できる開発環境が必要)
動作環境 対応OS:Windows Server2003/ WindowsXP Professional/ Windows2000Server/
Windows2000 Professional
CPU:800MHz以上
ハードディスク:インストール時30MB、動作時200MBの空きが必要
メモリ:Windows 2000使用時256MB以上、 Windows XP/ Windows Server 2003使用時
512MB以上
※詳細は、http://www.megasoft.co.jp/sf_engine/product/spec.html をご参照ください。
製品紹介URL http://www.megasoft.co.jp/sf_engine/
 

■お問い合わせ先

お客様からのお問い合わせ先(掲載用)
<メガソフト株式会社 インフォメーションセンター>
TEL: 06-6147-2780 FAX: 06-6131-5081
〒530-0015 大阪市北区中崎西2-4-12 梅田センタービル11階
受付時間:9:30〜11:45 13:00〜17:00(土曜、日曜、祝祭日をのぞく)
[メガソフト株式会社URL http://www.megasoft.co.jp/]
 
報道関係者からの取材、お問い合わせ先
<メガソフト株式会社 広報室>
TEL: 06-6131-5028 FAX: 06-6147-2764
〒530-0015 大阪市北区中崎西2-4-12 梅田センタービル11階
受付時間:9:30〜11:45 13:00〜17:00(土曜、日曜、祝祭日をのぞく)
E-mail:press@megasoft.co.jp
 

※ 本リリースに掲載されている社名、製品名、技術名は各社の商標または登録商標です。

掲載されている内容は、報道関係者向けに発表した情報となります。
ご覧になっている時点で、情報が変更(生産・販売の終了、仕様、価格、リンク先の変更など)がある場合もあります。

[ ニュースリリース一覧 ] [ ホーム ]

ページのトップへ戻る

メガソフト ホーム ニュースリリース一覧
メガソフト ニュースリリース