この内容は昨年97年9月時点のものです。


                          1997年 9月24日発表
                          メガソフト株式会社
報道関係各位

 ターミナルアダプタ/アナログFAXモデム両対応
 統合コミュニケーションツール 
 「RVS-COM」(アールブイエス コム)発売
 −ドイツRVS社と日本独占販売契約締結−
 1998年2月発売予定  予定価格 28,000円

メガソフト株式会社では、パソコン用デー タコミュニケーションツールのヨーロッパにおけるリーディングカンパニーで ある ドイツ RVS Datentechnik GmbH 社(以下RVS社)との間で「RVS-COM」の 日本での独占販売に関して契約しました。 これに基づき12月より、Windows 95/NT4.0に対応したターミナルアダプタ/ アナログFAXモデム両対応 統合コミュニケーションツール「RVS-COM」 (アールブイエス コム)を発売いたします。 RVS-COMは、「FAX」「リモートコントロール」「ファイル転送」「電子メ ール」「留守番電話」などの様々なコミュニケーション機能を持った高機能統 合ソフトウェアです。 ターミナルアダプタにも、アナログFAXモデムにも対応しており従来のアナ ログ環境での利用も、デジタル回線を使ったハイスペックコミュニケーション も、これ一つで実現できます。 特に、FAXにおいては、FAXモデムがなくてもターミナルアダプタだけで、 FAX送受信ができる画期的な「ソフトFAX」機能を装備しています。 RVS-COMはすでに、ドイツ、フランス、イギリス、スイス、オランダ などで実 績のあるコミュニケーションソフトで、BYTE誌の96年ベストバイト賞に 選ばれた他、数々の賞賛を受けています。 また、これらの国で利用されているターミナルアダプタは、日本で普及してい るものより機能的にいくつか拡張されています。 日本でも同様のターミナルアダプタがこれからの主流となる見込みで、各TA メーカからも拡張コマンドへの対応がアナウンスされています。 RVS-COMは、この新しいターミナルアダプタにいち早く対応したソフトです。
  パッケージ写真(英語版) ■写真データのダウンロード     製品の紹介時にご利用ください。     上記の表示画像と同じ内容で、より精細な画像ファイルがダウンロードできます。     ●パッケージ写真 rvspac_e.jpg (47KB、450X618ピクセル)

ドイツ RVS社のホームページへ(http://rvscom.com/)


■主な特長 ●ソフトFAX(TAを使用) ソフトFAX機能は、FAXモデムがなくてもターミナルアダプタだけでFA Xの送受信が可能です。 高度なRVS社の技術が、G3FAXのソフトウェアエミュレーションを可能に しました。(ソフトFAXには、拡張コマンドに対応したTAが必要です。) ●FAX機能(FAXモデムを使用) さらにFAXモデムを使った、FAXの送受信が可能です。 ●リモートコントロール 電話回線を通して、RVS-COM同士でリモート接続したパソコンを、手元のパソ コンからコントロールする事ができます。 遠隔地のパソコンのメンテナンスやサポートなどに大変便利です。 アナログモデム間でも動作しますし、TA同士であればレスポンスの良い動作 が可能です。 ●ファイル転送機能 電話回線を通して、2台のパソコン間で、ファイルをドラッグアンドドロップ して転送したり、バッチファイルを作成して自動的にファイルの転送を行うこ とができます。 ●電子メール RVS-COMでリモート接続したPC同士で、メールサーバーを介することなく、 直接電子メールのやりとりができます。 ●留守番電話 RVS-COMを待機させておけば留守番電話として使えるのはもちろん、FAXが 送られてくれば、FAX受信も自動的に行います。
■動作環境
●共通条件
OS 日本語Windows95、日本語WindowsNT 4.0
対応パソコン WindowsまたはWindowsNT 4.0が動作可能なPC/AT互換機およびPC9800シリーズ
CPU Pentium 90MHz以上
必要メモリ Windows95では最低16MB、WindowsNTでは最低24MB
ハードディスク RVS-COMのインストールに少なくとも25MBのディスクの空き領域。動作には、少なくとも仮想メモリ用に16MBのディスク領域が必要。
シリアルポート 選択したISDNターミナル(ATコマンドセットが利用できる)シリアルポートに接続する場合、シリアルポートが115.2キロビット/秒 以上の速度が必要。(FIFOバッファが使えるUARTチップが必要)
対応モデム Windows95、WindowsNT4.0でサポートされているモデム(FAXの送受信を行う場合は、Class2に対応したモデム)

●機能別に必要な条件
FAX、電子メール Microsoft Excange、Outlook、Windows MessagingなどのWindows電子メールシステム、またはそれらと互換性のある他の電子メールシステム(MAPI)。
(Microsoft Excange、あるいはWindows Messagingは、Windows95あ るいはWindowsNT4.0に付属して販売されています)
ソフトFAX、留守番電話 拡張コマンドに対応したターミナルアダプタが必要。
■発売予定   1998年2月出荷予定
■予定価格   28,000円(税別)
■流通方法   全国のパソコンショップなどで販売/TAへのバンドル提供
■開発元    ドイツ RVS Datentechnik GmbH
■発売元    メガソフト株式会社
■お客様からのお問い合わせ先
    メガソフト インフォメーションセンター
    TEL: 06-6147-2780
    FAX: 06-6131-5081
    〒564 大阪市北区中崎西2-4-12 梅田センタービル11階
    受付時間:9:30〜11:45  13:00〜17:00(土曜、日曜、祝祭日をのぞく)
■情報提供ホームページ(URL)
    http://www.megasoft.co.jp

       ※記載された内容は予告なく変更する場合があります。

■報道関係からのお問い合わせ先     メガソフト株式会社 広報室     〒564 大阪市北区中崎西2-4-12 梅田センタービル11階     TEL: 06-6131-5028 FAX: 06-6131-5081