NEWS RELEASE


1999年6月
メガソフト株式会社

報道関係各位

より簡単に、より高度に、音楽CD作成機能をさらに充実
「ミュージックCDデザイナー2」発売

Windows95/98用    標準価格9,800円(税別)    7月23日発売


メガソフト株式会社では、誰もが使いこなせる個人用音楽CD製作ソフト「ミュージックCDデザイナー」の後継商品として、「ミュージックCDデザイナー2」を1999年7月23日より発売いたします。

昨年末の発売以来2万本を販売した前作「ミュージックCDデザイナー」のユーザーの声をもとに、録音作業の失敗を防ぐ「インテリジェントレコーディング」や、曲名やアーティスト名を記録、検索し、さらにCD-TEXTにも対応した「CDナビ」、MP3オーディオの読み込みやフィルタの追加などを可能にする「MCDDエクステンション」など、音楽CD製作専用ソフトとして求められる機能をさらに充実させながら、インテル(R) Pentium(R)IIIプロセッサに対応して編集性能を飛躍的に向上させています。

さらには、8倍速書き込みドライブを含む最新のCD-R/RWドライブに対応し、150機種を超える豊富な対応CD-R/RWドライブをサポートします。ドライバはダウンロードサービスで常に最新の情報が得られます。

前作同様「録音」「サウンド編集」「CD-R/RWライティング」「CDレーベル、ジャケットデザイン」という、音楽編集に必要な4つのプロセスを分かりやすくまとめ、音楽CDをパソコンで管理、検索するための「CDナビ」をプラスした、従来のCD-R/RWライティングソフトでは実現できなかった操作性を、親しみやすいインターフェースで実現しました。

「ミュージックCDデザイナー2」は、楽しみながら個人が簡単にオリジナルCDを創作できるクリエイティブかつ実用的なソフトウエアで、圧倒的なパフォーマンスを誇る音楽CD製作ソフトの決定版です。


 

■画像データのダウンロード
 製品の紹介時にご利用ください。
 下記の表示画像と同じ内容で、より精細な画像ファイルがダウンロードできます。

画面(高解像度) ダウンロード 画面(高解像度) ダウンロード
▲録音画面
mcd_2_recode.lzh   (45.2KB) 解凍後:
mcd_2_recode.bmp(1,27MB、775X575ピクセル)
▲パッケージ画像
mcd2_pac.lzh   (1.48MB) 解凍後:
mcd2_pac.bmp(3.66MB、1000X1282ピクセル)

「ミュージックCDデザイナー2」のカタログページへ

■製品名  ミュージックCDデザイナー2
■ジャンル 個人用音楽CD製作ソフト
■対応   日本語 Microsoft Windows95/98

■主な用途
 ・お気に入りの曲を集めて自分だけのベスト盤CDを作る
 ・古いレコードやカセットテープをデジタル化してCDで永久保存
 ・DTMで製作したMIDIの楽曲を収録してオリジナルCDをプレゼント
 ・バンド活動をアピールするインディーズCDをリリース
 ・WAVEファイルを編集してCD化
 ・手持ちの音楽CDをカタログ化して整理
 ・CD-Rのレーベルをデザインしてオリジナリティをアップ



■製品の特徴


<<主な強化点>>
対応CD-R/RWドライブの追加
その安定性や対応機種の豊富さから評価の高い、株式会社ビー・エイチ・エー社製の"B's Recorder GOLD"で使われているライティングエンジンを採用。23社80機種のCD-R/RWドライブに対応し、そのOEM製品をあわせると約150機種を超える豊富な対応CD-R/RWドライブで動作可能です。また、続々と発売される最新のCD-R/RWドライブに対しても、対応モジュールを随時ホームページで配布します。

CDナビを搭載
ミュージックCDデザイナー2を利用して製作したオリジナルCDや市販のCDを、カタログ化してパソコンで管理できます。実際のCDをセットすることなく試聴したり、曲名で検索することができるので、目的の曲がどのCDに収録されているのかをすばやく発見することができます。

インテリジェントレコーディング
アナログ録音の開始・終了を、タイマーで処理したり、曲の始まりや終わりと連動させて自動で処理できます。トラックの分割も自動的に行います。さらには、音飛び検出機構、読み出し速度の自動調整、WAVEファイルのフォーマット自動変換など、さまざま工夫で録音作業での人的な失敗を防ぎます。

強化されたサウンド編集
音楽CDを制作するときに必須なのが、「サウンド編集」です。
ミュージックCDデザイナー2では、11個の基本編集機能を搭載したうえで、後から追加できる「拡張エフェクト」を標準で1個搭載しています。

搭載されている編集機能
ノイズ除去/レベル調整/無音の削除/分割/抽出/削除/結合/ミキシング/フェードイン/フェードアウト/クロスフェード/バスブースト(拡張エフェクト)

CD-TEXT対応(※)
CD-TEXTフォーマットに対応した音楽CDを作成できます。また、市販のCD-TEXT対応CDから曲名やアーティスト名を自動的に取得して表示したりすることもできます。
※CD-TEXT対応CD-R/RWドライブが必要です。

処理速度の向上、Pentium(R)III対応
サウンド編集の処理能力を約2倍に高めました。さらに、インテル(R)の最新プロセッサであるPentium(R)IIIにも対応し、動作環境に応じた最高のパフォーマンスを得られます。

MCDDエクステンション(※)搭載
モジュールを追加するだけで機能を拡張できる仕組みとして「MCDDエクステンション」を用意。
今後開発される「MCDDエクステンション」対応モジュールを追加するだけで、サウンド編集やサウンドファイルの入出力がカンタンに拡張できます。話題のMP3オーディオもこのMCDDエクステンションによってサポートされる予定です。

(※)MCDDエクステンションについて
・MCDDエクステンションによって拡張できる機能は「サウンドファイルの再生」「サウンドファイルからのインポート」「サウンドファイルへのエクスポート」「拡張エフェクト」の4つです。
・MCDDエクステンションとミュージックCDデザイナー2とのやりとりは、MCDDエクステンションAPIによって規定されています。この規定にしたがって動作するDLLを開発することにより、どなたでも自由にMCDDエクステンションを製作できます。
・MCDDエクステンションに関する詳細な情報については、弊社ホームページで提供します。



<<誰もが使える操作性>>
初心者を意識した直感的に使える画面デザイン
ミュージックCDデザイナー2では、誰もが使いこなせるように、機能を手順ごとに配置したタブ方式と、オーディオ機器を模したインターフェースを組み合わせた画面デザインを採用。専門的な知識を持たない初心者でも、やりたいことがすぐできる優れた操作性を実現しています。

CDナビと連動したCD再生
CD-TEXT対応CDはもちろんのこと、CDナビに登録されているCDのときは、ドライブにCDをセットするだけで曲名やアーティスト名を自動的に表示します。

容量インジケータを装備
CD-R/RWメディアの総容量に対する消費量を視覚的に表示する容量インジケータを装備。どれだけの曲をCD-R/RWメディアに書き込めるのかが、直感的にわかります。

録音レベルメータを装備
現在の録音レベルを視覚的に表示する録音レベルメータを装備。音割れを起こしたり、ノイズが目立ったりするこのない、適正な録音レベルを簡単に指定できます。


<<オリジナリティを演出するデザイン機能>>
CDナビと連動するCDトラック情報ツール
曲名やアーティスト名、演奏時間などトラック情報は、マウスでドラッグするだけで自動的に挿入されます。

多様なフォーマットに対応する画像ツール
BMPやJPEGをはじめ、FlashPixやPhotoCDなど、11種類の画像フォーマットに対応します。
・対応画像フォーマット
Windowsビットマップ/FlashPix/JPEG,プログレッシブJPEG、Exif/Photo-CD/PC Paintbrush/PNG/Macintosh PICT/Presto! Object File/TARGA/TIFF、PACKEDBITS、G3 FAX、G4 FAX/Windowsメタファイル

縦書きや回転をサポートする文字ツール
縦書きや90度単位の回転をサポートしているので、CDジャケットの横の部分にも文字を記述できます。フォントや色の選択も自由です。

拡大・縮小・重ね合わせが自在のドローツール
直線・折れ線・楕円・曲線・多角形・星型など9タイプ12種類の図形を描画できるドローツールを用意。拡大・縮小を繰り返しても、印字品質が変わることはありません。

市販のラベル用紙やラベルプリンタに対応
HISAGOのミュービックシリーズを始めとする市販のCD-R専用ラベル用紙やCD-ROMケース用紙をサポート。用紙を選択するだけの簡単操作で印刷できます。
・対応ラベル用紙
 AVERY L7660/ELECOM EDT-KCD20/Justy(ランドポート) Kit Pro Label-S, Kit Pro Label-W/
 NEATOA4G100, A4MG100, A4MS100, A4LG100, A4LS100, A4LJW100/
 サンワサプライ LB-CDRJP, LB-CDRJP2, LB-CDRJP3, LB-CDRJP4, LB-CDRJP5, LB-CDRJP6, LB-CDRJP7/ナナクリエイト SCJ-29/
 ヒサゴCJ844S, CJ2843S, CJ2844S/

・CDケース用カード
 エーワン 51153/サンワサプライ JP-IND, JP-INDK/ヒサゴ CJ593S, CJ691S, CJ692S, CJ693S/

・CDラベルプリンタ
 メディアサービス(オリエント測器)ORP-C2500, ORP-C7700/オーデン MP-555/
 エキスパートマグネティックス CP-200/

*今後も対応型番が増える予定です。

■動作環境
OS:日本語Microsoft(R) WindowsR95/98
パソコン:OSがサポートしているPC/AT互換機またはPC-9800シリーズ
CPU:インテル(R)Pentium(R)プロセッサ90MHz以上(インテルMMX Pentium(R)プロセッサ166MHz以上を推奨)
メモリ:16Mバイト以上(32Mバイト以上を推奨)
ディスプレイ:800×600ドット/32,000色以上
ハードディスク:インストールに15Mバイト、使用時に音楽データの格納領域として1分間につき10MB
CD-R/RWドライブ:SCSIまたはATAPI接続可能なもので、下記の対応一覧に記載にもの。
その他     マウス、プリンタ、サウンドカード(パソコン本体がサウンド機能を有する場合は不要)


■店頭発売日   1999年7月23日(金)
■標準価格     9,800円(税別)
■JANコード    4956487001954
■開発/販売   メガソフト株式会社
■流通方法    パソコンソフト流通ルート(パソコンショップ、家電量販店)
            レコードショップ、楽器店


■お客様からのお問い合わせ先
    メガソフト インフォメーションセンター
    TEL: 06-6147-2780
    FAX: 06-6131-5081
    〒530-0015 大阪市北区中崎西2-4-12 梅田センタービル11階
    受付時間:9:30〜11:45  13:00〜17:00(土曜、日曜、祝祭日をのぞく)

■情報提供ホームページ(URL)
    http://www.megasoft.co.jp

■報道関係からのお問い合わせ先
    メガソフト株式会社 広報室
    〒530-0015 大阪市北区中崎西2-4-12 梅田センタービル11階
    TEL: 06-6131-5028  FAX: 06-6147-2764
    E-mail:press@megasoft.co.jp