1997年 4月21日発表
                          メガソフト株式会社
報道関係各位

 Windows NT対応 マルチファイルスクリーンテキストエディタ
「MIFES for Windows NT」発売
 (マイフェス・ フォー・ウィンドウズ・エヌティ)
 標準価格 28,000円(税別)
 5月30日店頭発売

メガソフト株式会社では、来たる5月下旬より WindowsNTに対応したマルチファイルスクリーンテキストエディタ「MIFES for Windows NT」 を発売します。 これは1985年の発売以来、すでに150万本以上の出荷を記録した、ロングセラー テキストエディタ「MIFESシリーズ」のWindows NT完全対応版で、 インターネット/イントラネット時代に対応した最新バージョンです。 なお、MIFESシリーズで大変好評のライセンスパックも同時発売する他、最初から 追加5ライセンスパックを一体化して、さらにお得な 「MIFES for Windows NT+5ライセンスパック」も発売します。 ■MIFES for Windows NTの主な特徴■  ・Windows NT 4.0 はもちろん NT3.51 に対応  ・Unicode/SHIFT-JIS自動判別装備  ・ファイルの編集可能最大サイズを大幅に拡大  ・同時に編集できるファイル数を100ファイルまで拡張  ・ネットワークサーバーへのインストールに対応(本文注参照) <同時発売> ■「 MIFES for Windows NT+5ライセンスパック」  標準価格 98,000円(税別)  基本パッケージに追加5ライセンスパックを一体化して、  導入や登録の手続きを簡略化。  従来の別途で追加ライセンスを購入するよりも、更に1本分お得な価格です。
テキストエディタ MIFESシリーズ紹介ページへ
  ■写真データのダウンロード     製品の紹介時にご利用ください。     上記の表示画像と同じ内容で、より精細な画像ファイルがダウンロードできます。     ●パッケージ写真 mintpac.jpg (677KB、836X1248ピクセル、1667万色)     ●画面写真 miwnt.jpg (1008KB、1024X768ピクセル、1677万色)

製品情報 ■製品名    MIFES for Windows NT ■ジャンル   マルチファイルスクリーンテキストエディタ ■特徴 ●Windows NT 4.0/3.51 に対応  今やイントラネット構築には必要不可欠となりつつある Windows NT。MIFE S for Windows NT は、その Windows NT 4.0 に対応。また、基幹業務として 稼働中のためプラットフォームを移行できない場合を想定し、Windows NT 3. 51にも対応しております。 ●Unicode対応  Microsoftが Windows NTに採用した文字コード体系である Unicode。MIFES for Windows NT は、Unicode で書かれた文書の読み込み、書き込みに対応し ました。  もちろん Unicode のテキストを読み込み SHIFT-JIS で書き込んだり、その 逆の操作も可能です。 ●ファイルの編集可能最大サイズを大幅に拡大  同時に編集できる最大サイズを100MBまで拡大。大規模なデータでも安 心して編集ができるようになりました。 ●同時にオープン可能ファイル数を拡張  同時にオープン可能なファイル数を100個まで拡張しました。 ●BASE64,Uuencode などを変換するプリ・ポストプロセッサ追加  インターネットが普及する中、受信した電子メールがデコードできなくて化 けてしまったり、漢字コードの違いによる文字化けなどのトラブルがおこるこ とがあります。  MIFES for Windows NTのプリ・ポストプロセッサを使うと、ファイル読み込 み時と書き込み時にファイル変換をかけることが可能ですので文字化けなども 解消します。電子メールで使用する BASE64,UuencodeやUNIXで使われるEUCコー ド,JISコードを変換可能。 ●ネットワーク上のファイル編集も安心しておこなえます。  Microsoft Network,NetWare,等のネットワーク上のファイル編集を安心して 行えるよう、ファイルアクセスアルゴリズムを新設計しました。 動作確認ネットワークソフトウエアについては今後も追加していく予定です ●ライセンスパックを同時発売  好評のライセンスパックを同時発売。 企業や学校でのソフトウェア導入を支援します。 ●サーバー上へインストール可能(ライセンスパック導入時のみ)  ライセンスパックを導入の場合、サーバー上にインストールしたMIFES for Windows NTをクライアントから実行可能。アップデートやライセンス数の管理 など管理者の負担が大幅に減少 (注)インストール可能なサーバーOSは Windows NT4.0/3.51 ●スクロールバーにテキスト表示が追従  スクロールバーをドラッグするとテキスト表示が追従してスクロールします。 大容量のテキストファイル内容をスクロールしながら確認する作業が効率的に 行えます。 ●確認しながら置換を実行中に連続置換に切り替え可能に  確認しながら置換を実行する場合、途中から連続置換に切り替えられるよう になりました。これにより、正規表現検索で置換を行う場合の確認作業が簡単 になります。 ●キーボードマクロを瞬時にキー登録  キーボードマクロを登録すると、簡単にキーに割り付けられるようになりま した。 ●正規表現検索を拡張  従来の正規表現検索パターンに改行文字を追加。改行文字で区切られてしまっ たキーワードをパターンで検索することができるようになりました。 ●文字列検索、置換例を100例用意  文字列検索、置換例題をヘルプファイルに集大成。CSVファイルのフィール ド結合や入れ換え、行頭の不要なスペース削除などの置換方法が例題からその まま使用できます。 ●VJE-Delta Ver.2.5 添付  Windows NT4.0に正式対応した 最新版日本語フロントプロセッサ VJE-Delta Ver.2.5 を標準添付。 VJE-Delta Ver.2.5 に装備されるCD-ROM検索アクセサリをMIFESから呼び出 し、編集中のテキストからカーソル位置の1語検索やファイル中の単語を一括 検索できます。 注)VJE-DeltaのサポートについてはMIFES との組み合わせのみのサポートと   なります。   VJE-Deltaのマニュアルは付属しておりません。   CD-ROM検索アクセサリはEPWING Ver1規格フォーマットによるCD-ROMを検   索可能。 MIFES for Windows NTに辞書は含まれません。 ●ライセンス管理ソフトウエアキーサーバーに対応  ネットワーク上でライセンス数を管理するソフトウエア KeyServerに対応。 ●Microsoftインテリマウス対応  マイクロソフトインテリマウスにいち早く対応。  マウス上のホイールを回転させることによりテキストスクロールをおこない ます。 ●操作性の追求はテキストエディタの命です  その他にも次のような改良を加えています。  ・ファイル比較に「次の行から比較」を追加  ・両画面スクロール  ・「新規保管」メニューを従来互換モード/Windows標準の切り替え ●DOS版ライクなファイラ  DOS版の操作性を継承したファイラを装備。キーボードだけでファイル選択 操作が可能です。 さらに「指定したmakeファイルに定義されているファイルを自動オープンする」 「アクセス頻度の高いフォルダーを登録して1キーで移動する」なども実現。 もちろん従来形式のファイル選択画面、コモンダイアログも設定可能です。 ●MDI形式とSDI形式の2つのモードを切り替え可能  WindowsインターフェイスにMDI形式とSDI形式を選択することができます。 1つのウインドウの中で編集するか、たくさんのウインドウを開いて編集す るか、お好きな使い方が選べます。 ●テキストエディタ上でDOS SHELLモードを実現  MIFESの編集画面が DOS SHELL になります。編集画面からdir,make,grep 等 のコマンド入力すると結果がMIFESの画面に取り込まれるので、編集、タグジャ ンプと思いのままに使えます。 (標準出力以外の出力があるコマンドはご利用できません) ●排他制御によるファイルの保護  排他制御によりファイルを保護することにより、同じファイルを他のクライ アントが編集して編集結果が失われることを防ぎます。既に他のクライアント が編集中のファイルは読み込み専用ファイルとしてオープンします。保護しな いモードを選択することもできます。 ●16進形式での編集(binary2モード)  バイナリーエディタを実装。16進表示とアスキー表示を対応して画面に表 示。16進/アスキーどちらでも編集可能です。 ●ホームページ作成に最適のカスタマイズファイルを用意しました。  HTML作成者マクロ/ダイナミックリンクライブラリにより、メニューから選 択する形式でタグを挿入できます。また、タグの色を変えて表示します。さら に、イージーヘルプ辞書にHTMLキーワードの簡単な説明を登録済み。カーソル 位置のキーワードがわからない時、瞬時に説明文が参照できます。 ●DOS版MIFES/Windows標準/EMACS等のキーカスタマイズを標準装備  DOS版MIFESを使いなれている人/Windows標準の操作になれている人/EMAC Sを使いこなしている人、それぞれのカスタマイズファイルを用意しました。 ●各種検索  検索対象に応じて選択できる5種類の検索  ・通常検索 英大文字/小文字同一視  ・通常検索 英大文字/小文字区別  ・ワイルドカード検索  ・あいまい検索  ・正規表現検索 ●各種置換  連続置換や確認付置換はもちろんのこと、一度に5種類の文字を置換できる 一括置換も可能です。 ●等差数字列出力  等差数列を指定の書式に従って出力します。書式はC言語の出力形式ライク なので簡単に桁数や10進、16進などの指定ができます。キーボードマクロ と組み合わせれば行番号自動出力が実現できます。 ●指定ドライブやネットワークまで検索可能なグローバル検索  フォルダやドライブの中からキーワードを含むファイルを探し出します。大容 量化が進むパソコン環境で行方不明のファイルを探し出します。タグジャンプ を使えば、探し出したリストから一瞬で目的のファイルをオープンします。 ●UNDO(やりなおし)、REDOで編集前の状態を復元  編集を行った内容を過去にさかのぼって取り消すことが可能です。過去に向か って順に編集結果を取り消しますので、うっかり操作をしても安全です。UNDOを 実行しすぎた場合のREDOも実用的です。 ●豊富なカスタマイズ  行番号や十字カーソル等の画面のカスタマイズから、ユーザー定義メニュー や右クリックメニューの追加編集、キーボードの割りつけなど、豊富なカスタ マイズを駆使することで日常の編集業務からストレスを払拭します。 ●強力なキーボードマクロ  編集操作を記憶して繰り返し実行できるキーボードマクロ。無駄な操作を無 くし編集効率を格段にアップします。 ●キーボードマクロをマクロ言語に変換  キーボードの操作をそのままマクロ言語に展開。マクロ作成の強力な手助け になります。 ●高機能マクロ言語 MIL/W を搭載  定型化した編集操作なら MIL/W を使うことで自動化が可能です。DLLを呼び 出すこともできますので、特別に開発したプログラムと連携することもできま す。  (DOS版MIFESのマクロ言語MILとの互換性はありません) ●機能を無限に広げるライブラリファイル  マクロ言語MIL/W、キーボードマクロ、子プロセスの実行方法を登録できる ライブラリファイル。MIFESの可能性を無限大に広げます。 ●高度な印刷  印刷時間を短縮するプリンタフォントでの印刷やWindowsに登録されている TrueTypeフォントでの印刷が選択できます。  印刷時には、ヘッダ、フッタ、行番号、英文ワードラップなどの指定も可能。 段組み印刷、行間の設定などもできます。 ●ガイドブック不要のマニュアル構成  市販のガイドブックを買わないと使いかたがわからない。そんな不満はいっ さいありません。初心者からプロまでお使い頂けるマニュアルを用意しました。 ●MIFES専用のサポートダイアル  MIFES専用のサポートダイアルで、満足のいくサポートサービスがお受けい ただけます。 ●細部まで計算し尽くされた高度な機能  ・罫線  ・全角スペース明示  ・拡張子別タブ幅設定  ・タグジャンプ・バックタグジャンプ  ・オートセーブ  ・子プロセス実行  ・メモマーク付加  ・変更行検索  ・対応する括弧検索  ・システムリボンに小さいアイコンが設定可能  ・検索画面の1語入力  ・行マークのワンタッチ設定  ・変更行色明示  ・キーワード明示 ■動作・操作環境 本体   Intel 486(25MHz)以上、Intel Pentium 、Pentium Proを搭載した      パーソナルコンピュータ OS   Microsoft Windows NT 3.51/4.0(インテルプロセッサのみ) メモリ  16MB以上 ディスク 4MB以上の空きエリアが必要 ■製品構成 CD-ROM 1枚 ユーザーズマニュアル 1部 マクロマニュアル   1部 ユーザー登録カード  1部 補足説明書 1部 VJE Delta製品版購入申込書 1部 ■MIFES for Windows NT+5ライセンス 製品構成 CD-ROM 1枚 サーバーインストールキーディスク(1.44MBFD) 1枚 ユーザーズマニュアル 1部 マクロマニュアル   1部 ユーザー登録カード  1部 補足説明書 1部 VJE Delta製品版購入申込書 1部 ■店頭発売予定日    1997年 5月30日(金) ■流通方法       全国のパソコンショップなどで販売             MIFES for Windowsユーザーへの特価提供など ■開発/販売      メガソフト株式会社 ■お客様からのお問い合わせ先     メガソフト インフォメーションセンター     TEL: 06-6147-2780     FAX: 06-6131-5081     〒564 大阪市北区中崎西2-4-12 梅田センタービル11階     受付時間:9:30〜11:45 13:00〜17:00(土曜、日曜、祝祭日をのぞく) ■製品に関する情報提供 ●メガソフトホームページ http://www.megasoft.co.jp
■報道関係からのお問い合わせ先     メガソフト株式会社 広報室     〒564 大阪市北区中崎西2-4-12 梅田センタービル11階     TEL: 06-6131-5028 FAX: 06-6131-5081