メガソフト トッププレスルームニュースリリースCADとの連携を強化 DWGを直接読み込める3DオフィスデザイナーPRO4 EXを新発売

ニュースリリース

MEGASOFT ニュースリリース

2017年1月31日
ニュースリリース

<報道関係者各位>



CADとの連携を強化
DWGを直接読み込める3DオフィスデザイナーPRO4 EXを新発売

メガソフト株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:井町良明)は、2014年より販売中の3DオフィスデザイナーPRO4にオフィス設計者の多くが利用するDWGファイルのレイヤを指定して読み込み/書き出しできる機能を追加搭載した新製品「3DオフィスデザイナーPRO4 EX」と、3DオフィスデザイナーPRO4ユーザー向けに同機能を追加できる「CAD連携オプション」を、2017年1月31日(火)より発売します。

3DオフィスデザイナーPRO4 EX 製品イメージ

■製品名:3DオフィスデザイナーPRO4 EX

発売日:2017年1月31日(火)
標準価格:122,000円(税抜)

「3DオフィスデザイナーPRO4/PRO4 EX」製品紹介ページ


プロ向けオフィスデザインツール『3DオフィスデザイナーPRO4』

3Dオフィスデザイナーは、オフィス空間を手軽に3Dでシミュレーションできるパソコン用3DCGソフトです(製品概要はこちら)。

働き方改革、ダイバーシティへの対応のため多くの企業がオフィスづくりに取り組んでいる今、オフィスの移転や増床時には新しい働き方に合わせたオフィスのデザインをオフィス家具メーカーや空間デザイン業者に依頼する企業が増えています。それらオフィスづくりのニーズを形にするプロフェッショナルは、受注のためのプレゼンテーションや顧客企業の担当者との打ち合わせ時のイメージ共有のために3DCGを活用しています。

3Dオフィスデザイナーは、オフィスデザインに必要なオフィス家具などの3D素材(*1)や、床・壁用のテクスチャ(*2)が揃っていること、高度なCAD操作技術を必要としないこと、レイアウト図からワンタッチで立体化できる手軽さなどから、多くのオフィス家具メーカーや空間デザイン会社に導入され、設計者はもとより、営業担当者が受注前の提案用プランを作成するのにも利用されています。

*1:3D素材には、建具(=ドア、窓、パーティションなど)、オフィス家具(=ワークデスク、ワークチェア、会議テーブル、キャビネットなど)やオフィスの小物(=パソコン、シュレッダー、電話器、ペン立て、人物など)が含まれます。
*2:テクスチャには、床、壁、天井材として、タイルカーペットやフローリング(木目)、タイルなどの柄が含まれます。


▲3Dオフィスデザイナーの操作画面

CADとの連携強化でスピードアップ

オフィス空間のデザインを3DCGで行う際に最初に行うのが、躯体(壁・床・柱)の入力です。
オフィスビルの設計にはCADが導入されていることが多く、CADデータが存在しているため、3DオフィスデザイナーではCADデータを下絵として取り込むことで、躯体作成を簡単にすることができます。
しかし、既存のCADデータには、什器データや注釈の文字、設備記号、寸法線など、これから改めてオフィスデザインをするときには不要な(レイヤ)データが含まれていることがあり、それらを削除したり、汎用の書式(DXF形式)で保存しなおしたりといったCAD側での操作が必要でした。

「3DオフィスデザイナーPRO4EX」では「CAD連携オプション」を搭載し、これによりオフィスビル設計に広く利用されているAutoCADの標準書式【DWG形式】のデータをそのまま取り込む機能や、必要なレイヤのデータのみを取り込む機能が追加され、オフィス空間のデザインに取り掛かるまでの時間と作業を軽減します。
また、建築パース高速作成ソフト「Optimage」も同梱し、より高画質な3Dパースも本製品だけで作成できるようになります。


▲CADデータの必要なレイヤを選んで読み込む機能を追加

●CAD連携オプションで追加される機能は以下のとおり
・DWGファイルの読み込み/書き出し
・読み込み/書き出しレイヤの指定(DWG、DXFとも)
・読み込み/書き出し可能なデータ(太字のデータが当オプションでの追加分)
  LINE、CIRCLE、ARC、LWPOLYLINE、TEXT、POLYLINE(フィットカーブも対応)、ELLIPSEMTEXT
  SPLINE(制御点を繋いだポリラインとして読み込む)、LEADERDIMENSIONBLOCKSOLID

3Dオフィスデザイナーについて

<歴史>
1999年 企業内総務担当者向け「3Dオフィスデザイナー2000」発売
2001年 オフィスデザインのプロ向け製品「3DオフィスデザイナーPRO」発売
2001年 3DオフィスデザイナーPRO 専用パーツライブラリ 「内田洋行編」「コクヨ編」「ナイキ編」発売
2003年 3DオフィスデザイナーPRO 専用パーツライブラリ 「イトーキ編」発売
2003年 解説書籍「3Dオフィスデザイナー 快適オフィスの作り方」発売
2009年 企業内総務担当者向け製品「3DオフィスデザイナーLM」発売
2012年 オフィスデザインのプロ向け製品「3DオフィスデザイナーPRO4」発売
2017年1月 CAD連携を強化した「3DオフィスデザイナーPRO4 EX」発売

<概要>
主な機能: 躯体作成、建具配置、ゾーニング、家具配置、小物類配置、床・壁などの色・柄変更、3Dシミュレーション、3Dパース出力までを、ワンストップで作成
主なユーザー: オフィス家具メーカー、オフィスデザイン事務所、その他ワークプレイスのデザイン業者
関連製品: 厨房プランナー3D医療施設プランナーPlus
データを活用したプレゼンツール: 3DプレイスメガソフトVRソリューション

ダウンロード画像

こちらから以下の画像ファイルをまとめてダウンロードできます。(3dodpro4ex_images.zip/253KB)

3DオフィスデザイナーPRO4 EX 3DオフィスデザイナーPRO4 EX 3DオフィスデザイナーPRO4 EX 3DオフィスデザイナーPRO4 EX
 ▲製品ロゴ  ▲製品イメージ  ▲操作画面  ▲レイヤーイメージ

主な製品ラインナップ

製品名 本体価格
3DオフィスデザイナーPRO4 EX 122,000円 (税抜)
3DオフィスデザイナーPRO4 CAD連携オプション 50,000円 (税抜)

対象製品概要

製品名 3DオフィスデザイナーPRO4 EX
ジャンル オフィスプランニング&プレゼンテーションソフト
発売日 2017年1月31日(火)
企画・発売 メガソフト株式会社
開発 メガソフト株式会社、株式会社サイバーウォーカー
流通方法 パソコン流通ルート、メガソフトショップ、各種オンライン販売サイト、その他
販売対象 オフィス家具メーカー、事務機メーカー、オフィス設計事務所、ファシリティーマネージャー、オフィスセキュリティコーディネーター、その他オフィスプランニングに関わる方
動作環境 対応OS:Windows 10/8.1/8/7/Vista
※64bitOS上では、32bitアプリケーションとして動作します。
※詳細は、こちらをご確認ください。
製品情報ページ http://www.megasoft.co.jp/3dofficepro4/
このページのURL http://www.megasoft.co.jp/publish/3dofficepro4ex/

※当ページに記載の製品名は各社の登録商標または商標です。

報道関係者からの取材、お問い合わせ先 (大阪・東京どちらでも対応可能)
<メガソフト株式会社 本社>
TEL: 06-6131-5028 FAX: 06-6131-5081
〒530-0015 大阪市北区中崎西2-4-12 梅田センタービル11階
受付時間:9:30〜11:45 13:00〜17:00(土曜、日曜、祝祭日をのぞく)

大きな地図で見る
<メガソフト株式会社 東京事務所>
TEL: 03-5213-6730 FAX: 03-5213-6735
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋1-12-1 Daieishaビル3F
受付時間:9:30〜11:45 13:00〜17:00(土曜、日曜、祝祭日をのぞく)


メールアドレスE-mail:press@megasoft.co.jp 担当:広報室/田辺・西脇

大きな地図で見る

 

このページのトップへ