ニュースリリース トップへ
メガソフト株式会社


2001年8月30日 ニュースリリース
<報道関係者各位>

満足度の高い家づくりを支援する
新機能「マイホーム作成ナビ」を搭載した
家庭用間取り & 3D住宅デザインソフトの最新バージョン

「3Dマイホームデザイナー2002」10月3日発売

Windows XP/Me/98/95/2000用 標準価格 9,800円(税別)


メガソフト株式会社は、家庭用間取り & 3D住宅デザインソフトの最新バージョン 「3Dマイホームデザイナー2002」を2001年10月3日より発売いたします。

●家づくりのデファクト・スタンダード
「3Dマイホームデザイナー」は1996年11月の発売以来、その実用性が評判となり、シリーズ累計30万本を出荷、家庭用間取り & 3D住宅デザインソフトという新ジャンルを確立しました。
住宅購入という人生の一大イベントにおいて、理想の家の間取りを検討し、手軽に3D空間で表現、家族や建築業者にイメージを伝えるためのパソコン用住宅デザインソフトです。
建築の専門知識を必要とせず、積み木感覚で誰でも簡単に間取りや外観、インテリア、ガーデニングのシミュレーションが行えます。

●初心者でも直感で使える高い操作性
「3Dマイホームデザイナー2002」では、さらに「使いやすさ、楽しさ、実用性」という製品コンセプトを徹底追求し、ユーザー様の声を製品の隅々まで反映した開発を行いました。
これまで3Dソフトは初心者には難しいと思われてきましたが、今回の「3Dマイホームデザイナー2002」では、目的に沿ってユーザーインターフェースや視点がが最適な状態に切り替わる「マイホーム作成ナビ」を新しく搭載し、初心者でも直感で使える高い操作性を実現しています。
「マイホーム作成ナビ」を利用すれば、「部屋を作成」「家具配置」「イメージ仕上げ」と手順に従ってボタンを押していくだけで、はじめてでも操作方法に頭を悩ますことなく、本来の作業に集中できます。また、実際に住空間をシミュレーションしていく中で、間取りや収納スペースについて診断する機能も豊富に搭載しており、実用性の高いソフトとなっています。

●施主本位の家づくりを強力にバックアップ
近年、住宅情報誌に加え、住宅関連のポータルサイトも増えており、施主がたくさんの情報を収集しやすい社会になりつつありますが、「ハウスメーカーや工務店の営業マンと向かい合う前に、自分のペースで希望のイメージを形にしておきたい」という目的で、これまでも多数のユーザー様(※事例はこちら)にお使いいただき、「満足度の高い家づくりができた」とたくさんの声をお寄せいただいています。
今回の新バージョン発売にともない、「家づくりをするなら、まず3Dマイホームデザイナーで」という新常識を確立すべく、インターネットやマスメディアを利用した大型プロモーションも予定しており、さらに「施主本位の家づくり」を強力に支援してゆきます。


【製品概要】 (★印:新機能 ●印:機能アップ)

■使いやすさのポイントとなる機能

はじめての方でも確実にマイホームデザインができる「マイホーム作成ナビ」搭載
間取りプランの作成から建具や家具の配置、インテリア・エクステリアシミュレーション、完成後の確認やウォークスルーまで、家づくりの手順に応じて、その目的に必要なユーザーインターフェースや視点が最適の状態に切り替わり、はじめての方でも迷わず家づくりが楽しめるようになりました。
「マイホーム作成ナビ」を実現するために全体にわたって機能を整理し、前バージョンから大幅にユーザーインターフェイスを改良しています。

積み木感覚でマイホームデザインが可能なパレットがさらに充実
マイホーム作成ナビを選択すると、その目的にあわせて画面下に家具やテクスチャが収録されたパレットが表示されます。間取り画面では、敷地の形状、部屋の種類、建具の種類、階段の種類が選択できます。さらに3D画面では、家具や住宅建材、外壁材や内装材が豊富に用意されていますので、マウスのドラッグ&ドロップで配置していくだけで、納得できるまでマイホームをシミュレーションすることができます。

見たい空間をすばやく表示する「クイックビュー」機能
デザイン作業の途中でも、平面図で「見たいところ」と「見たい方向」をクリックすれば、即座に3D空間を表示。外観はもちろん、室内も自由なアングルでイメージが確認できます。

よく使うパーツやテクスチャを置いておける「お気に入り」フォルダ
イメージに合った住宅建材やインテリア小物を見つけた場合、オリジナル家具を自作した場合、新居に持っていく家具と廃棄する家具を分ける場合など、さまざまな用途での分類に利用していただけます。


■楽しさのポイントとなる機能

間取り図をワンボタンで立体化
マイホーム作成ナビにそって操作をしていくだけで、ワンボタンで間取りを立体化できます。
立体化後も、間取りの再編集が可能です。

家の外観を一周して確認できる「ラウンドビュー」
間取りを立体化した直後、家のまわりを自動的に一周して、外観を確認できます。間取り図では確認できなかった外観のイメージや建具の取り付け具合を確認できます。

いろいろな視点でマイホームの中を歩き回れるウォークスルー
「おとな」「こども」それぞれの目の高さで、マイホームの中を玄関から階段を上がって2階へと歩き回ることができます。ドアや窓を開閉して建具の取り付け方向を確認したり、棚やタンスの戸が他の建具とぶつからないかシミュレーションしたりできます。
さらに「車イス」モードでは、昇れる高さを2cmに設定してあるため、無理な段差がないかを確認でき、バリアフリー住宅の設計にも役立ちます。


■実用性のポイントとなる機能

実在する住宅関連商品の素材データを3,500点以上収録
現実的な住宅シミュレーションに欠かせない素材データを約3,500点収録、大手建材・家具・ファブリックメーカーの実在商品も多数収録しています。

<収録メーカー>(五十音順)
株式会社INAX / カリモク家具販売株式会社 / 株式会社川島織物 / 株式会社クボタ / コクヨ株式会社 / 株式会社サンゲツ / 新日軽株式会社 / 住江織物株式会社 / 積水ハウス株式会社 / 東陶機器株式会社 / 東リ株式会社 / トステム株式会社 / ニチハ株式会社 / 株式会社日比谷花壇 / 松下電工株式会社 / ヤマハリビングテック株式会社 / YKKアーキテクチュラルプロダクツ株式会社

約13,000点の住宅素材データをダウンロードできる「データセンター」が利用可能
住宅デザインに必須の実用素材が13,000点以上登録されているコンテンツライブラリ「3Dマイホームデザイナー データセンター」の会員サービスを、3ヶ月間無償で受けられます。製品を購入した後に発売されるメーカーの新製品データや、流行のインテリアスタイルをコーディネートする素材データが毎週追加されており、高度で使いやすい検索機能を利用して、欲しい素材をWebブラウザからソフトの画面上にドラッグ&ドロップするだけでダイレクトに配置できます。

地下室から3階まで簡単・柔軟に間取り作成
和室・洋室・キッチンはもちろん、ポーチ・バルコニー・吹抜・インナーガレージなど、パレットからマウスで選んで間取り内に配置し自由にサイズ変更。標準のグリッドに収まりきらない間取りも作成できるようになりました。

ライフスタイルにあわせて選べる間取りサンプルを約180点用意
「二世帯分離型」「動線重視プラン」などライフスタイルにあわせて参考にできる間取りサンプルを約180点用意。積水ハウス提供の最新間取りプランも収録しています。

チラシの間取り図が読み込める下絵読込機能
設計図面や折り込みチラシの間取り図を、スキャナで読み込んで下絵として利用できます。

収納スペースの比率を測定してアドバイス
作成中の間取りの収納面積と全体に占める割合を自動計算。適切なアドバイスを表示します。

坪単価による総建築費を表示
設計中の家のおおよその建築費を坪単価をもとに表示し、予算オーバーを防ぎます。
県別・建築工法別の坪(u)単価目安情報も収録しています。

寸法線の表示や線・文字入力が可能
部屋の寸法を自動で計算し間取り図上に表示します。またLAN配線の検討に使える線分や文字も間取り図に入力可能です。


その他便利な機能を満載

★間取り作成中に建ぺい率・容積率をリアルタイムにチェック
★間取り図に柱を入力可能
★間取り図面上の部屋に畳、水平、垂直、クロスの模様を設定可能
★多数の素材の中から効率的に欲しいもの探し出せる新分類を採用
・3D形状の作成が可能
・動かしたくない家具を固定できるロック機能
★外壁材や壁紙の実在製品の柄のサイズを、ドラッグ&ドロップのみで忠実に再現
★外壁材や屋根材を階ごとに一括で貼り替え可能
★マウス操作だけで室内を歩き回れるウォークスルー機能をさらに改良
・部屋や敷地の長さを測れるメジャー機能
★光や影の表現が可能な高画質イメージ作成(出力サイズ800×600ピクセル)
★間取り図や立体図面のイメージ保存(BMP,JPEG)が可能
・間取りや外観、室内イメージをカラーで美しく印刷
★間取り図面や立体図面をメールに添付して送信可能
★BGMや効果音のサウンドで楽しい家づくりを演出
・他の3Dソフトとの連携が可能なDXFファイルの読込機能
★読みやすいフルカラーのマニュアルを添付
★長さや面積の単位変換ができる「換算電卓」を添付
★住宅ローン返済の目安がわかる「住宅ローン概算機能」を添付


■画像データのダウンロード

製品の紹介時にご利用ください。
下記の表示画像と同じ内容で、より精細な画像ファイルがダウンロードできます。

3Dマイホームデザイナー2002 パッケージ画像 3Dマイホームデザイナー2002 操作画面
▲パッケージ画像
3d2002_pac.lzh (981KB)
解凍後:3d2002_pac.bmp
(2,610KB、827X1102ピクセル)

▲操作画面
3d2002_gamen.lzh (392KB)
解凍後:3d2002_gamen.bmp
(2,233KB、1024X744ピクセル)

3Dマイホームデザイナー2002 メインメニュー画面 3Dマイホームデザイナー2002 間取り画面
▲メインメニュー画面
3d2002_menu.lzh (369KB)
解凍後:3d2002_menu.bmp
(901KB、640X480ピクセル)

▲間取り画面
3d2002_madori.lzh (147KB)
解凍後:3d2002_madori.bmp
(2,233KB、1024X744ピクセル)


【製品関連情報】

「本当に建った!」ユーザー100事例を公開
『3Dマイホームデザイナーで本当に建てました!』
http://www.megasoft.co.jp/3d/report/
シリーズ製品30万ユーザー様の中から、実際に家づくりに利用した事例を100件ピックアップし、3D画像・完成写真・コメントを添えて紹介するWebサイト『3Dマイホームデザイナーで本当に建てました!』をオープン。すでに「3Dマイホームデザイナー」を使って家を建てた経験談やノウハウは、これから建てるユーザー様にとって他では知りえない貴重な情報源となります。

インターネット上で圧倒的なボリュームのコンテンツ・サービスを提供
『3Dマイホームデザイナーホームページ』
http://www.megasoft.co.jp/3d/
実在する住宅関連商品の3Dデータをはじめ13,000点以上の高品質な専用素材データをダウンロードできる『データセンター』、『パーツリクエストサービス』など、役立つ情報をご提供しています。

ユーザビリティテストで、ユーザー様の声を反映
メガソフトは今年1月、自社製品の使いやすさの向上を目指し「ユーザビリティ企業宣言」を行いました
http://www.megasoft.co.jp/usability/
「3Dマイホームデザイナー2002」の開発に際しては、主婦や一般の方々を対象にユーザビリティテストを実施し、利用者の生の声を製品にフィードバックしています。


−最新版プレゼントキャンペーン実施中−
現在発売中の「3Dマイホームデザイナー2000」パッケージに添付されている応募シールを返送されたお客様に、新製品「3Dマイホームデザイナー2002」を無料でお送りいたします。応募締切は2001年10月31日まで。


■製品の基本情報

●製品名 3Dマイホームデザイナー2002
●ジャンル 家庭用間取り & 3D住宅デザインソフト
●用途 間取り検討、住宅デザイン、インテリアデザイン、3Dモデル作成
住宅プレゼンテーション、教育機関での教材
●販売対象 ・新築、増改築の予定のある方
・リフォームの予定のある方
・マンション入居や引っ越し予定のある方
・インテリアデザインやガーデニングに関心のある方
・建築・デザイン系教育機関
・建築・デザイン系学生
●店頭発売日 2001年10月3日
●標準価格 9,800円(税別)
●販売目標 初年度10万本
●JANコード 4956487002265
●企画・デザイン メガソフト株式会社
●プログラム開発 TIS株式会社
●流通方法 パソコンソフト流通ルート(パソコンショップ、家電量販店)
ホームセンター、ショッピングセンター
バージョンアップ販売
メガソフトホームページでの販売、その他

※「マイホームデザイナー」はメガソフト株式会社の登録商標です。


■動作環境

●CPU Pentium 166MHz以上(PentiumU266MHz以上を推奨)
●稼動OS Windows XP/Me/95/98/2000 (Windows XPはRC版で動作確認)
●稼動メモリ 64MB(128MB以上を推奨)
●ハードディスク 最低350MB以上の空きエリアが必要(650MB以上を推奨)
●CD-ROM インストール時にCD-ROMドライブが必要
●ディスプレイ 800×600ドット/32000色以上(1024×768ドット以上を推奨)
●グラフィックボード パソコン本体の標準環境で動作可能
●他周辺機器 プリンタがあればカラー印刷が可能
スキャナがあれば図面の読込が可能
ジョイスティックに対応


■製品の構成

●CD-ROM 1枚
●ユーザーズマニュアル 1部
●ユーザー登録はがき 1部


掲載用、お客様からのお問い合わせ先
    メガソフト インフォメーションセンター
    TEL: 06-6147-2780
    FAX: 06-6131-5081
    〒530-0015 大阪市北区中崎西2-4-12 梅田センタービル11階
    受付時間:9:30〜11:45 13:00〜17:00(土曜、日曜、祝祭日をのぞく)

   ●情報提供ホームページ(URL)
    http://www.megasoft.co.jp/


■報道関係者からの取材お申込み、お問い合わせ先
    メガソフト株式会社  広報室
    〒530-0015 大阪市北区中崎西2-4-12 梅田センタービル11階
    TEL: 06-6131-5028 FAX: 06-6147-2764
    E-mail:press@megasoft.co.jp