メガソフト トップ製品情報MIFESシリーズMIFES Ver.5.5 > 高度な機能
*製品情報
 
MIFES Ver.5.5

製品紹介

高度な機能
グローバル検索
グローバル検索画面 ディスク中のすべてのファイルから検索を行う「グローバル検索」をMIFES 本体に組み込みました。現在オープン中のファイルはもちろん、指定したディスク上の任意あるいはすべてのファイルから、特定の文字列(曖昧検索、正規表現も可能 )を含む行すべてを抜き出し、ファイル化することができます。
画像拡大
あいまい検索 日本語正規表現による検索・置換
MIFES中のすべての検索において、大文字/小文字、かな/カナ、全角/半角などを同一とみなす「あいまい検索」が可能です。 UNIXで使用されている正規表現による検索・置換をさらに強化し、日本語にも対応した「正規表現検索・置換」を用意しました。
ヘルプ画面からの機能選択実行 行番号・桁位置・行マーク
へルプ画面に表示される項目をカーソルで選択してそのまま実行できます。キーに割り当てられていない機能を実行する場合に便利です。 必要に応じて行番号や桁位置ケージを表示できます。

また、簡単な操作で指定行へジャンプしたり、行マークによりいつでも(別ファイル編集中でも)もとの編集位置へ戻ることができ、編集の効率をアップします。

オートインデント・左マージン・可変タブ カット&ペースト・UNDO
C言語などの記述効率を改善するオートインデント、先頭に余計なスペースを付加せずに段落設定を行える部分的な左マージン指定を装備しました。

さらに、通常のタブ間隔指定に加え、各種言語やデータベースなどで便利な20カ所までの可変タブ設定などが可能です。

テキスト中または複数のテキスト間で、行/文字列/箱型の任意の部分を切り貼りするように移動/複写ができます。文字列から箱型テキストヘの変換なども可能です。

さらに誤った操作をした場合などの操作をキャンセルするUNDOも備えています。

マクロ言語「MIL」をさらに強化 マクロを任意のキーに割り当て
MIFESVer.5.0で好評のマクロ言語MILを一層強化して搭載。ユーザー独自の機能をプログラムし、ワンタッチで実行。

シングルステップ実行やユーザー変数の表示/変更など作成支援機能も用意し、多くの実用的なサンプルマクロも添付しました。

マクロ言語MILで記述した機能は、26個のバッファに登録できる他、外部マクロとしてコマンド指定やヘルプメニューから実行できます。

さらに任意のキーやメニューに自由に割り当てることも可能です。

テキスト処理の自動化 プロファイル
作成した外部マクロをMIFES起動時に自動実行することができます。 定型業務の完全自動処理や、MIFESをテキストプロセッサとする高度な応用も可能です。 前回終了時の状態から編集を再開することができます。
 

このページのトップへ