メガソフト トップ製品情報MIFESシリーズMIFES Ver.5.5 > 安定性
*製品情報
 
MIFES Ver.5.5

製品紹介

優れた安定性
セマフォファイルによる排他制御を導入 複数動作時の安定動作を保証
ネットワーク上で1つのファイルを2台のパソコンから同時に編集しようとした場合などに発生するデータの破壊を防止するため、セマフォファイルによる排他制御機能を導入。ネットワーク環境下でのグループワークも安心です。 Windowsでは、DOS互換BOXを複数同時にオープンすることができますが、シングルタスク環境を前提に作られたDOSアプリケーションを複数同時に起動すると、エラーが発生する危険性があります。

MIFESVer.5.5では、作業一時ファイルの高度化により複数動作させた場合にもエラーが発生しない安全設計となっております。

参照専用モードでのファイルオープン 実績が示す高い安定性
読み出し専用属性のファイルをオープンした場合や、参照用にファイルをオープンするマクロを用いてファイルをオープンした場合、そのファイルは参照専用となりセーブが禁止されます。

また、既存のバックアップ・ファイル(.BAKファイル)も自動的に参照専用ファイルとしてオープンできるようになりました。

初版出荷以来、9年間に5回のバージョ ンアップを実施。MIFESは一貫して安定性・信頼性の向上を優先した改良・サポートを継続してきました。これからもさらなる改善、充実したサポートをお約束いたします。信頼性を重視する企業ユーザー様にも安心してお使いいただけます。
 

このページのトップへ