MIFES 10 新機能のご紹介

こんな機能を搭載しました

ファイルの構造を解析して表示&編集

構造解析エンジンを搭載。
プログラム言語の基本構造や、HTML/XMLファイルの構造を解析して表示や編集が可能になりました。

  • 編集ウィンドウを構造にそって折りたたみ表示。
  • 構造をツリー表示する「アウトライン」表示をリストウィンドウに搭載。
  • HTMLのタグやソースのブロック単位での表示や選択(Alt+クリック)が可能。
  • 「アウトライン」を利用したジャンプや選択が可能。
  • プログラム言語は「関数一覧」表示が可能。(β2)
  • 構造解析できるのは50MBまでのファイルです。

開発チームから

ご要望が多かった構造化の対応を行いました。
なお、アウトライン、ブロックの表示の有無も設定で可能です。
【設定】メニューの「言語の環境設定」の「アウトライン」タブで変更できます。

言語毎に設定が可能

プログラム言語やHTML系のファイル毎に、動作や表示の設定がまとめてできるようになりました。
ファイルの特長やユーザーの好みに応じた設定が可能です。

  • 各種表示、キーワードの明示、アウトライン方法、入力支援などを設定。
  • 言語はユーザーが追加もできます(構造解析は標準搭載分を流用可能)。
  • 標準搭載の言語
    C/C++、C#、COBOL、CSS、CSV、Fortran、HTML、INI、Java、JavaScript、LOG、MIL/W、Perl、PHP、Ruby、SQL、TeX、TSV、VBScript、VHDL、XML、BAT(※)
    ※BATはアウトラインに未対応

開発チームから

言語毎の設定をひとつのダイアログボックスで細かく行えます。
なおHTMLの中に埋め込まれたスクリプトは自動でその言語の設定が効きます。

「XMLモード」の搭載

改行やインデントがないxml系タイプ(HTMLも含む)のファイルを、構造にそって疑似のタブや改行をいれて見やすくインデント表示します。

  • ガイドラインの編集モードで「XMLモード」に切り替え可能。
  • 擬似タブは[Shif]t+[Tab]、擬似改行は[Shift]+[Enter]で入力。
  • 名前を付けて保存で、実際のタブや改行文字にして保存も可能。

開発チームから

データ系のXMLで1行が長い場合などは手放せなくなるかも知れません。
リストウィンドウの「アウトライン」と併用してご利用ください。

見出し文字によるアウトライン機能

見出しにする文字や記号(●、■、第.*章など)を指定すれば、それを元に構造解析して「アウトライン」表示。
文書構造を把握しやすく、ジャンプやブロックの選択も可能です。

  • 文字列は9つまで、それぞれ正規表現による指定が可能。
  • ツリーの階層表示(レベル化)に対応。
  • 編集ウィンドウの折りたたみも可能。

開発チームから

「アウトライン」のツリーで文章の構造が一目で分かります。
レポートや技術書など文章に見出し部分があるような場合にぜひご利用ください。

ファイルの比較機能を向上

比較(diff)エンジンを刷新。
相違箇所を文字単位で表示したり、内容の違う行を同じにするなど、より使いやすくなりました。

  • 違う行だけでなく文字レベルの違いも明示。
  • 相手と行を合わせる補填行を表示。ファイルを並べてより比べやすくなりました。
  • 違う行(連続している場合は複数行)を相手と合わせる機能を搭載。
  • 比較したファイル同士の「連動スクロール」が可能。(β2)

開発チームから

より賢く、より見やすく、より使いやすくを目指しています。
さらに比較エンジンの品質アップや同時スクロールの実装などを行っていく予定です。

検索・置換の対象指定

プログラム言語やHTMLファイルなどのコメント、文字列定数、タグ、スクリプト内、#ifdef無効内を対象にするかしないか指定ができ、より絞り込んだ検索が可能になりました。

  • カレントファイルの言語に応じて指定が可能です。
  • 対象にする文字・範囲は以下のとおりです。
通常文字⇒コメント、文字列定数でない文字を対象にする
コメント⇒コメントを対象にする
文字列定数⇒文字列定数を対象にする
タグ⇒HTML/XMLのタグの中の文字を対象にする
スクリプト内⇒HTMLに埋め込まれたスクリプト言語の中を対象にする
#ifdef無効⇒#ifdef無効部分を対象にする(C/C++のみ)

単語補完を搭載

入力した文字から始まる単語を候補の中からリスト表示し、選択すれば置き換わります。
入力の手間や文字の誤りを減らすことができます。

  • 候補にする文字列は以下から検索します(選択可能)。
    カレントファイル、キーワード明示、登録文字列、検索・置換の履歴、単語補完用の辞書
  • 候補リストは自動表示に加え、キー操作([Ctrl]+[Space])でも表示が可能。

開発チームから

どうぞ自動表示ON(デフォルト)で使ってみてください。
開始する文字数や確定キーなど好みに応じて変更できます。

閉じる文字の自動補完

括弧、引用符、コメント、閉じるタグを入力に応じて自動で補完挿入する機能を実装しました。言語毎に設定が可能です。

  • 括弧()など)、引用符("など)、コメント、閉じるタグを自動補完。
  • 括弧、引用符は文字列を選択して入力すれば自動で文字列を囲みます。
  • 閉じるタグの挿入機能([Alt]+[Enter])を追加。

開発チームから

例えば以下のように自動的に挿入されます。
「(」を入力すると「)」が挿入
「ABC」を選択中に「"」を入力すると「"ABC"」に
「<!--」を入力すると「-->」が挿入 (HTML、XMLの場合)
「<h1>」を入力すると「</h1>」が挿入 (HTML、XMLの場合)

対応する括弧、対応するタグを充実

カーソル位置に対応する括弧の明示・検索が使いやすくなりました。
HTMLやXMLファイルの対応するタグを明示、検索できるようになりました。

  • 半角、全角の括弧に対応し、言語毎に設定できます。
  • 明示方法に下線、太字を追加しました。
  • 対応するタグの明示や、対応するタグの検索機能([Ctrl]+[R])を搭載。
  • 画面外の対応括弧も認識して明示します。

ウィンドウの分割表示に対応

1つのウィンドウを分割して表示するようになりました。
ファイルの取り扱いや、編集がしやすくなりました。

  • カレントウィンドウを左右分割/上下分割して表示・編集が可能。
  • 瞬時に編集内容を反映します。
  • 「分割した相手へ」移動([Ctrl]+[F6])できます。(β2)
  • 分割したウィンドウ同士の「連動スクロール」が可能。(β2)

開発チームから

お待たせしました。旧バージョンのようにダミーで別のファイルを作成せず余計なウィンドウも増えません。

その他

  • [Enter]キーで入力される改行コードの確認や変更がガイドラインで可能になりました。
  • LF改行とCR改行を内部的に分離しました。
  • 編集や選択時のテキストのちらつきがないように改良しました。
  • 編集ウィンドウ上のトリプルクリックの判定を改良しました。
  • キー操作のカスタマイズに下記を追加しました。
    Ctrl+Space、Shift+Space、Alt+Bs、Alt+Space
  • カラー設定を見直しました。

よくあるご質問更新履歴