■ 更新履歴(β2→β3)

    <改良・変更>

  • 2015年4月30日まで使用可能にしました。
  • C/C++やJavaなどのプログラム言語のアウトラインに「関数一覧(名前)」を追加しました。
  • リストウィンドウの「関数一覧」表示のツールチップの表示内容を改良しました。
  • 閉じる文字の自動補完で閉じる文字を入力しても無視するようにしました。
  • 閉じる文字の自動補完後にBSキーで入力文字を削除したら補完文字も削除するようにしました。
  • CSSの入力支援で「:」入力で「;」を自動補完する設定を追加しました。
  • ファイル比較で相手と同じにするメニューの表示内容を変更しました。

  • <不具合修正>

  • HTMLの埋め込みスクリプトの明示が効かないことがある不具合を修正しました。
  • 検索の対象指定でHTMLのスクリプト内の設定がヒットしてしまうことがある不具合を修正しました。
  • 「並べて表示」で左側ウィンドウが白くなることがある不具合を修正しました。
  • UTF-16、UTF-32のファイルにBOMが付かない不具合を修正しました。
  • UTF-16、UTF-32をXMLモードでハードタブで保存するとデータが壊れる不具合を修正しました。
  • 「言語の環境設定」で[OK] を押すと水平スクロールバーが表示された状態になる不具合を修正しました。
  • キーボードマクロのマクロソースに変換が正常に出力されないことがある不具合を修正しました。
  • 構造解析化したファイルにおけるマクロの実行で処理が遅くなることがある不具合を修正しました。
  • SDIのグローバル置換で異常終了することがある不具合を修正しました。
  • Shift+Spaceで半角スペースが入力されない不具合を修正しました。
  • ファイル比較で相手と同じにする機能で異常終了することがある不具合を修正しました。
  • スクロール中に異常終了することがある不具合を修正しました。
  • 「メモリ不足などでウィンドウが開けません」とが表示され起動しないことがある不具合を修正しました。
  • 一部のメニュー、マウス関連のユーティリティが実行されている環境で異常終了することがある不具合を修正しました。

その他にも品質アップや不具合修正を行いました。
フィードバックでご報告いただきました不具合については未対応のものもあります。引き続き改良、修正を行ってまいります。


■ 更新履歴(β1→β2)

    <改良・変更>

  • アウトラインに「関数一覧」表示を追加しました。
    リストウィンドウのアウトラインのメニューで選択してください。
    以下のプログラム言語で使用可能です。
    C/C++、C#、COBOL、Fortran、Java、JavaScript、MIL/W、Perl、PHP、Ruby、VBScript、VHDL
  • アウトラインの展開具合を階層レベルで変更できるようになりました。
  • アウトラインの初期の表示方法(レベル、関数一覧など)を、言語毎の環境設定で設定できるようになりました。
  • オートインデント動作を言語毎に設定可能にしました。
  • 言語に「INI」、「LOG」、「BAT」(※BATはアウトラインには未対応)を追加しました。
  • ウィンドウ分割時に「分割した相手へ」移動する機能(Ctrl+F6)を追加しました。
  • ファイル比較やカレントウィンドウ分割したウィンドウを「連動スクロール」できるようになりました。
  • 「リストウィンドウ」のタイトル部分にメニューを表示するボタンを追加しました。
  • 「キー操作のカスタマイズ」に「リセット」を追加しました。
  • アウトライン化するファイルサイズの上限を設定可能にしました。
    「環境設定」の「起動」タブの「高度の設定」で設定できます。
  • MIFES本体プログラムのアイコンを製品版に近いものにしました。

  • <不具合修正>

  • タスクトレイの常駐のツールチップを「MIFES 9」から「MIFES 10」に変更しました。
  • 比較で1論理行より前に補填行がある場合にカーソル位置がずれる不具合を修正しました。
  • 単語補完で補完されて文字列が変わってもリスト表示が消えないことがあるのを修正しました。
  • セカンダリモニタの接続を外したら、リストウィンドウが見えなくる不具合を修正しました。
  • 長い文字列の置換で異常終了することがある不具合を修正しました。


■ 既知の問題点

  • 検索の一語の取り込みがひとつ前の一語になることがある。
  • 検索の対象指定のスクリプト内がうまくヒットしないことがある。
  • ファイル比較後のスクロールで補填行の表示に異常がおきる場合がある。
  • ファイル比較の表示位置がずれることがある。
  • 構造解析化したファイルでマクロコマンドの処理が遅くなる場合がある。
  • 「言語の環境設定」の構造解析するをOFFにしても「折りたたみ用ボタンを表示する」のONが効いている。
  • 折りたたみ用ボタンが非表示時にも縮小できてしまう。
  • HTML/XMLのタグ内の属性前にスペースがあるとうまく構造解析できない。
  • 他の場所をクリックしてもガイドラインのボタンがクリックされたことになる。
  • ウィンドウ切り替えでスクロールバーの描画がちらつく。
  • 背景をグラデーションや画像設定にした時に表示が乱れる。
  • 閉じるタグの挿入が状況により挿入されない場合がある。
  • 罫線入力でスペースが挿入されない。
  • スクロールマージンの行数設定がない。
  • コメントに全角文字が入力できてしまう。
  • ハードタブやスペースなどを明示にしても見えない(特殊文字の色設定の問題)
 
よくあるご質問