メガソフト トップ製品情報インテリアデザイナーNeoインテリアデザイナーNeoワンポイントテクニック

Neoワンポイントテクニックちょっとしたコツや工夫でインテリアパースの表現力をアップ!

バックナンバー一覧過去の「インテリアデザイナーNeoワンポイントテクニック」がご覧いただけます。

インテリアデザイナーNeoワンポイントテクニック 第23回

フォトフレーム機能の活用

完成したパース図を使ってフォトフレームパーツを作成します。額縁やパネル、掛け軸などいろいろな種類の絵画パーツを作成できます。

完成画像を拡大する

01 完成したパースを開いて「パース図表示」にします。
   
02 「イメージ仕上げ」の中の「アレンジ出力」をクリックします。
   
03 輪郭線の表示や、アート効果を使い、「アレンジ開始」をクリックします。
   
04 輪郭線とコントラストを設定したアレンジの図
   
05 アート効果の絵の具を設定したアレンジの図
   
06 アート効果の色鉛筆を設定したアレンジの図
   
07 保存しないアレンジ画像は「キャンセル」をクリックします。いろいろな効果を試した後にフォトフレーム用にあう画像を保存します。
「画像出力」をクリックします。
   
08 保存場所は自動的に開いた場所、または場所を指定します。次にファイル名を入力して「保存」をクリックします。
*このファイルは「ライブラリ」の「ピクチャ」に保存します。
   
09 「画像を保存しました」が表示されます。「OK」をクリック後にメッセージは消えます。「キャンセル」をクリックしてアレンジ結果の画面を閉じます。
   
10 「ツール」から「フォトフレーム作成」をクリックします。

右の画像を拡大する
   
11 フォトフレームウィザードが表示されます。「次へ」をクリックします。
   
12 「8」で保存した場所を開きます。
(このファイルは「8」でライブラリのピクチャに保存。)
保存したファイルを選択。「ファイル名」の個所に自動的にファイル名が入力されたことを確認して「開く」をクリックします。
   
13 お好みのフォトフレームを選択します。ここでは「シャシンタテ01横」を選択します。「次へ」をクリックします。
*スクロールすると額やパネル等の種類も確認できます。
   
14 自動的にお気に入りの場所が開きます。「ファイル名」を入力して「保存」をクリックします。
   
15 もうひとつ作成しますか。とメッセージが表示されます。「終了」をクリックします。
   
16 「家具配置」の中の「床に配置」をクリックします。パーツパレットから「お気に入り」をクリックします。
   
17 先程、作成したフォトフレームパーツのサムネイルが「お気に入り」表示されています。パース図にドロップして、テーブルの上に配置します。
   
18 水色のハンドルにカーソルを近づけ矢印から回転マークに変更されることを確認してフォトフレームパーツを回転させて位置を調整します。
   
19 フレームの素材を変更します。テクスチャパレットから「材質」をクリックして、お好みの素材を選び、フレームに貼り付けて、終了です。

バックナンバー一覧過去の「インテリアデザイナーNeoワンポイントテクニック」がご覧いただけます。

このページのトップへ


このページのトップへ