メガソフト トップ製品情報インテリアデザイナーNeoインテリアデザイナーNeoワンポイントテクニック

Neoワンポイントテクニックちょっとしたコツや工夫でインテリアパースの表現力をアップ!

バックナンバー一覧過去の「インテリアデザイナーNeoワンポイントテクニック」がご覧いただけます。

インテリアデザイナーNeoワンポイントテクニック 第18回

パーツを組み合わせてセットパーツを作る

テーブルと椅子のセット、ベッドとサイドボードのセット、収納棚のセットなどにも活用できます

完成画像を拡大する

01 起動画面から「3Dモデリング」を選択します。
   
02 「ツール」から「下層パーツの作成」を選択します。
   
03 「新規パーツの作成」が表示されます。新規パーツ名を入力します
*画面は「グリット表示」と「4面図表示」を選択しておくと配置の位置がわかりやすくなります。
   
04 パレットのパーツからキッチンを選択し、「カウンターN04」を画面に配置します。
   
05 「カウンターN04」をダブルクリックして「パーツのプロパティ」を開き、XYZを「0」にします。OKをクリックします。

右の画像を拡大する
   
06 「カウンターN02」を「カウンターN04」の右側に配置します。
   
07 「カウンターN02」をダブルクリックして「パーツのプロパティ」を開き、YとZを「0」にします。OKをクリックします。

右の画像を拡大する
   
08 「カウンターN02」を選択した状態で右クリックして「壁や他のものに沿わせる/左へ」を選択します。
*「カウンターN04」の側面に吸着します。
   
09 「カウンターN01」を「カウンターN04」の左側に配置します。「7」と同じ操作をおこないます。
   
10 「カウンターN01」を選択した状態で右クリックして「壁や他のものに沿わせる/右へ」を選択します。
   
11 「吊戸棚N03」を「カウンターN04」の上にを配置します。
   
12 「吊戸棚N03」をダブルクリックして「パーツのプロパティ」を開き、XとYを「0」にして Zは「1700」にします。OKをクリックします

右の画像を拡大する
   
13 「吊戸棚N01」を「カウンターN02」の上にを配置します。
   
14 「吊戸棚N01」をダブルクリックして「パーツのプロパティ」を開き、Yを「0」にして Zは「1700」にします。OKをクリックします。

右の画像を拡大する
   
15 「吊戸棚N01」を選択した状態で右クリックして「壁や他のものに沿わせる/左へ」を選択します。
   
16 「吊戸棚N01」を「カウンターN01」の上にを配置して、「14」と同じ操作をおこない「吊戸棚N01」を選択した状態で右クリックして「壁や他のものに沿わせる/右へ」を選択します。
   
17 「ツール」から「上のパーツ階層へ移る」を選択します。
   
18 組み合わせたパーツが赤線でひとつに選択されたことを確認して右クリックから「お気に入りに登録」を選びます。
   
19 お気に入りの登録画面が表示されます。「3」で入力した名称がファイル名に自動的に入力されています。変更しない場合はそのまま保存をクリックします。
   
20 パレットのパーツの「お気に入り」を選択します。登録したパーツを画面に配置して確認します。
*登録したパーツはそのまま使用するだけでなく面材やカウンターのテクスチャ、色を変更するなど活用できます。
   
21 *削除する場合は、パレットから削除したいパーツのサムネイルを選択して右クリックの「削除」を選択します。

バックナンバー一覧過去の「インテリアデザイナーNeoワンポイントテクニック」がご覧いただけます。

このページのトップへ


このページのトップへ