メガソフト トップ製品情報インテリアデザイナーNeoインテリアデザイナーNeoワンポイントテクニック

Neoワンポイントテクニックちょっとしたコツや工夫でインテリアパースの表現力をアップ!

バックナンバー一覧過去の「インテリアデザイナーNeoワンポイントテクニック」がご覧いただけます。

インテリアデザイナーNeoワンポイントテクニック 第8回

壁紙のイメージを変える

幅木や腰壁の高さを変更して個性のある壁を作成します。

完成画像を拡大する

01 間取り画面のナビから、「部屋作成」を選択し、部屋を配置します。
   
02 部屋を右クリックして「プロパティ」を選択します。
   
03 「部屋のプロパティ」から「立体化設定」を選択して「腰壁・腰壁見切」にもチェックを入れ、「腰壁高」の数値を変更します。

右の画像を拡大する
   
04 ナビから「ドア配置」を選択してパレットから室内ドアを配置します。
   
05 ナビから「立体化」を選択します。
   
06 ナビから「内装材設定」の「壁紙設定」を選択してパレットから「壁紙」を選んで壁に貼ります。
   
07 次に「腰壁」部分にも壁紙を選んで貼ります。
   
08 次にパレットを「色」にして正面の幅木に色を貼って、その直後に「貼付範囲を拡張」から「フロア全体に反映」を選択します。

右の画像を拡大する
   
09 「腰壁見切」「廻り縁」も同じ色を同じ方法で設定します。

右の画像を拡大する
   
10 ナビから「床材設定」を選択してカーペットを貼ります。
   
11 ドアの材質を部屋のイメージにあわせます。「材質」から木目を選択してドア枠とドアに貼ります。
   
12 「屋根・天井を表示」を選択して終了です。

バックナンバー一覧過去の「インテリアデザイナーNeoワンポイントテクニック」がご覧いただけます。

このページのトップへ


このページのトップへ