メガソフト トップ製品情報インテリアデザイナーNeoインテリアデザイナーNeoワンポイントテクニック

Neoワンポイントテクニックちょっとしたコツや工夫でインテリアパースの表現力をアップ!

バックナンバー一覧過去の「インテリアデザイナーNeoワンポイントテクニック」がご覧いただけます。

インテリアデザイナーNeoワンポイントテクニック 第7回

壁開口を使ってみる

壁開口を利用して遊び心のある空間を作成します。

完成画像を拡大する

01 間取り画面のナビから、「部屋作成」を選択し、部屋を2つ配置します。
   
02 間取り画面のナビから、「ドア配置」を選択してパレットから「室内ドア」の 『壁開口Q04』を選択して配置します。
   
03 間取り画面のナビから、「窓配置」を選択してパレットから「デザイン窓」の 『壁開口窓型L01』を選択して配置します。3つ並べて配置します。
   
04 3つ並べた内の1つを選択して、右クリックから「プロパティ」を選びます。
   
05 床からの高さを変更して「OK」をクリックします。他の2つも同じように数値を変更します。

右の画像を拡大する
   
06 立体化を選択します。
   
07 3D画面が表示されたらパース図表示にします。
   
08 ナビの内装材設定から「壁紙設定」を選択して奥側の部屋に壁紙を貼ります。
   
09 スポイドをクリックしてパース画面の幅木をクリックします。
   
10 クリックした色がパレットの使用中タブに表示されます。アーチ型の壁開口の枠を幅木と同じ色に変更し、その直後にパレットの「貼りつけ範囲を拡張」の「フロア全体に反映」を選択するとアーチ型の枠が全て同じ色に変更されます。

右の画像を拡大する
   
11 同じように丸型の枠を幅木と同じ色に設定した直後にパレットの「貼りつけ範囲を拡張」の「フロア全体に反映」を選択すると残り2つの丸型の枠も同じ色に変更されます。2回程繰り返して全て同じ色にします。
   
12 「屋根・天井を表示」を選択して終了です。

バックナンバー一覧過去の「インテリアデザイナーNeoワンポイントテクニック」がご覧いただけます。

このページのトップへ


このページのトップへ