アーキデザイナーや3DマイホームデザイナーPRO9をお持ちでない方の、イエクラウド利用方法です。

利用期間ライセンスについて

イエクラウド上にデータを登録するためには「利用期間ライセンス」が必要です。
※利用期間ライセンスをお持ちでなくても、10MBまではイエクラウド上にデータを登録できます。機能確認のためにご利用ください。

イエクラウド上に登録しておけるデータの総容量は300MBです。
イエクラウドを利用できる期間は「利用期間ライセンス」により、90日か365日かを選べます。

イエクラウドのアカウントを作成する

  1. Windowsのスタートから[イエクラウド]をクリックします。


  2. [イエクラウド]をクリックします。


  3. [アカウント作成]をクリックします。


  4. [メールアドレス][パスワード][企業名/屋号]を入力して、[登録]をクリックします。
    ※パスワードを再設定(紛失)する際には、入力したメールアドレスに手続きのメールが送られます。
    ※[企業ロゴ][企業名/屋号]はイエクラウドビューア上で表示されます。[URL]は企業名をタップした際にSafariで開くリンク先になります。

利用期間ライセンスを登録する

  1. メールアドレスやパスワードが入力されていることを確認して、[ログイン]をクリックします。


  2. [ライセンスキー入力]をクリックします。


  3. 購入されたライセンスキーを入力し、[OK]をクリックします。
    ※ライセンスキーを入力した時からサービスの利用期間カウントが開始されます。


アカウントの設定を変更する

  1. メールアドレスやパスワードが入力されていることを確認して、[ログイン]をクリックします。


  2. アカウント情報をクリックします。


  3. 変更したい[メールアドレス][企業ロゴ][企業ロゴ][企業名/屋号][URL]を設定した後、[OK]をクリックします。
    ※パスワードの変更をしたい場合は、ログイン画面の[パスワード確認]から行います。


データを登録する

  1. メールアドレスやパスワードが入力されていることを確認して、[ログイン]をクリックします。


  2. データを登録する場所として「マイフォルダ 私の・・」が開かれます。画面下部の[データ登録]をクリックします。
    ※「マイフォルダ 私の・・」は初期フォルダで、公開フォルダになっています。
     フォルダの設定は変えられます。また別のフォルダを作成することもできます。



  3. [ファイル選択]をクリックして登録したいデータを選びます。


  4. [データの紹介文・・]を全角20文字以内で入力し、登録をクリックします。
    ※[データの表示方法」はイエクラウドビューアで表示した際の初期表示状態を決める設定です。
     [外観]住宅全体を表示/[内観]天井を外した1階鳥瞰図を表示



  5. 登録が完了すると、フォルダ画面の一覧に表示されます。


  6. iPhone/iPadアプリのイエクラウドビューアのデータ一覧に表示されます
    ※登録先の「マイフォルダ 私の・・」は公開設定になっているため、誰でも閲覧できるデータ一覧に表示されます。
     データを公開したくない場合はフォルダの設定からアクセスコード(パスワード)を設定します。


データを通知する

登録したデータを誰かに見せたい場合は、次の操作でメールを送ります。
※データを見てもらうためには、イエクラウドビューアがインストールされているiPhone/iPadが必要です。

  1. 見せたいデータが登録されているフォルダを開き、対象データにチェックを付けた後、[メール通知]をクリックします。


  2. [メールの件名][メールの宛先][メッセージ]を入力し、[送信]をクリックします。


  3. 次のメールが送られますので、本文のリンクをタップします。


  4. リンクをタップするとイエクラウドビューアが開き、対象のデータが表示されます。


データを削除する

  1. 削除したいデータが登録されているフォルダを開き、対象データにチェックを付けた後、[データ削除]をクリックします。


データを変更する

  1. 変更したいデータが登録されているフォルダを開き、対象データにチェックを付けた後、[データ変更]をクリックします。


  2. [データ紹介文]を変更したい場合は文字を入力し直します。
    データ自身を変更したい場合は[ファイル]選択からデータを選び直します。
    その後[変更]をクリックします。


新しいフォルダを作成する

データを格納するためのフォルダは、いくつでも自由に作成できます。
お客様ごと、イベントごと、製品ごとなど、用途にあわせて作成してください。
データを一般公開するのか非公開にするのかはフォルダの設定で決められます。

  1. フォルダ画面を開き、[フォルダ作成]をクリックします。


  2. [フォルダ名]と[アクセスコード]を入力して、[作成]をクリックします。
    ※アクセスコードが空白のフォルダに登録されたデータはイエクラウドビューアのデータ一覧に表示されます。
     アクセスコードが入力されたフォルダに登録されたデータはデータ一覧に表示されません。

    ※アクセスコードが入力されたデータを閲覧してもらう方法は2つあります。1つ目はアクセスコードを口頭で伝えて、イエクラウドビューアで手動入力してもらう方法。もう1つはイエクラウドマネージャからのメール通知機能で、メール本文内のリンクからデータを開いてもらう方法です。


  3. 作成したフォルダが画面上に開かれます。


フォルダの設定を変更する

フォルダ名や公開/非公開を変更したい場合は次のように操作します。

  1. 対象のフォルダ画面を開き、[フォルダ設定]をクリックします。


  2. [フォルダ名]や[アクセスコード]の設定を変更し、[変更]をクリックします。
    ※アクセスコードが空白のフォルダに登録されたデータはイエクラウドビューアのデータ一覧に表示されます。
     アクセスコードが入力されたフォルダに登録されたデータはデータ一覧に表示されません。

    ※アクセスコードが入力されたデータを閲覧してもらう方法は2つあります。1つ目はアクセスコードを口頭で伝えて、イエクラウドビューアで手動入力してもらう方法。もう1つはイエクラウドマネージャからのメール通知機能で、メール本文内のリンクからデータを開いてもらう方法です。


フォルダを削除する

データの登録先フォルダの変更は次のように操作します。

  1. フォルダ画面を開き、[フォルダ一覧]をクリックします。


  2. 対象のフォルダをクリックしてチェックを付けた後、[削除]をクリックします。


データの登録先フォルダを変える

データの登録先フォルダの変更は次のように操作します。

  1. フォルダ画面を開き、[フォルダ一覧]をクリックします。


  2. 対象のフォルダをクリックしてチェックを付けた後、[OK]をクリックします。


イエクラウドで扱えるデータ

イエクラウドで扱えるデータは次の通りです。

  • 3Dモデル(メガソフト製):m3da、m3d
  • 3Dモデル(汎用):3ds、obj、dae、fbx、dxf(3D)、blend、ifc
  • CAD図面:dwg(2D)、dxf(2D)、jwc
  • オフィス文書:pdf、docx、doc、xlsx、xls、pptx、ppt、keynote、key、pages、numbers、html、htm、key、txt、rtf
  • 画像:jpg、jpeg、png、bmp、tif、tiff、gif
  • 動画:mp4、mov、m4v、avi、3gp、qt
※3Dモデル(汎用)データを登録する場合は、全てのファイルを同一階層に置き、
 zip形式で圧縮して1つにまとめてから登録してください。

※対象データでもデータの作り方によっては表示できない場合があります。