メガソフト トップ > がんばろう東北!メガソフト住宅復興支援制度のご案内

がんばろう東北!メガソフト住宅復興支援制度のご案内

住宅シミュレーションソフトのメーカーとして、被災地のためにできること
2011年3月11日の震災で失われたものはあまりにも大きく、すべてをもとに戻すことはできませんが、
復興に向けて一歩ずつ歩み続けていくしかありません。
わたしたちは、被災された方々の家づくりを応援するために、 住宅復興支援制度の実施を2012年より継続しています。
活動趣旨は、本企画をきっかけに、被災地のみなさんに、よりよい家づくりをし ていただきたいこと。
住宅復興支援制度がきっかけとなり、さらにたくさんの支援が生まれ、 復興の速度が上がり、
一日でも早く「楽しく住まうことによる笑顔」が普通になることを 願っております。

2015年3月
メガソフト株式会社代表 取締役 井町良明

住宅復興支援制度について

メガソフトでは、東日本大震災で被災された方々に、住宅シミュレーションソフトを発売している立場で、何か住宅復興のお手伝いができないかと考えました。

弊社が行う「住宅復興支援制度」は、3Dマイホームデザイナーシリーズをお使いの方々に御自身の住宅の復興までのプロセスをおうかがいし、生活の基盤である住居の復興の重要性を日本国内および海外にも広く知っていただくことで、さらなる支援が生まれ復興の後押しとなることを目的としています。

また、復興までのプロセスを取材させていただいた3Dマイホームデザイナーシリーズのユーザー様には、感謝の気持ちを込め支援金10万円を進呈させていただきます。
また、本制度への申し込みに関しては期間を設けず、ご用意している住宅復興支援金(総額1000万円)が無くなるまで継続いたします。

住宅復興支援制度に申し込まれた皆様

お申し込み条件

  • 東日本大震災で被災された方(罹災証明もしくは被災証明のコピーが必要となります)
  • 震災後に住宅を建築されたもしくは建築中の方
  • 3Dマイホームデザイナーシリーズをお使いで、ユーザー登録もされている方
  • 取材および取材内容をHPなどで公開可能な方
    メガソフトのスタッフが実際にお伺いして、お話をお聞きしたり写真を撮影させていただきます。
    取材させていただいた内容は、メガソフトHPやその他メディアを使い、日本国内および海外にも情報発信させていただきます。
  • 復興住宅を検討する際に活用された3Dマイホームデザイナーのデータをご提供いただける方

※1世帯で複数件お申し込みの場合や、弊社の趣旨から大きく外れると判断した場合、お断りさせていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。

3Dマイホームデザイナー12 3Dマイホームデザイナー12 3Dマイホームデザイナー12の操作イメージ

納得の新築・リフォームのための家づくり3Dシミュレーションソフト

間取り作成はもちろん、耐震/省エネチェック、インテリア検討など簡単操作でこだわりの家づくりをお手伝いします。

3Dマイホームデザイナー12についてはこちら  

住宅復興支援制度に申し込む

このページのトップへ