メガソフト トップサポート間取り & 3D住宅デザインソフト 3Dマイホームデザイナーフォーラム
間取り & 3D住宅デザインソフト 3Dマイホームデザイナーフォーラム

[ フォーラムトップ ] [ 検索 ] [ 過去ログ ]
[ 間取り & 3D住宅デザインソフト 3Dマイホームデザイナーシリーズ ][ 3Dマイホームデザイナーサポートトップ ]

ラプソディ [02] - オオヤブクリニック院長 2013/01/15(Tue) 06:42
  さて、手に入れたスマホの Andoroid とはいったいどんなものなのか Wiki で
調べて見るとどうやら Linux の流れを汲むものだそうで・・・(詳しくは
 Wiki でどうぞ)・・・なるほどと思いつつ昨日ようやくデスクトップ(正式名称は
まだ?)に「使わないアイコン」というフォルダを作って、たぶん
使わないだろうと思うものを整理することにしました・・・
というような具合で、さわればさわるほど、これは
れっきとしたOSであることがはっきりしました。
 まとめてると、今までの「ケータイ」は名前のとおり、家や事務所や電話BOX の中に
あって、電話線というヒモで「畜舎」につながれていた「デンワ」という家畜を、
電波の届く範囲でどこにでも行ける「放牧」に変えたもの・・・
 一方、スマホはもはや「デンワ」ではなく「通話機能付携帯電脳」でしょう。
注目して欲しいのは「通話機能付」であって「電話付」ではない点です。

 従来の「ケータイ」を選ぶという行為は同時に「通信回線」を選ぶということと
イコールだったのが、最近の HOT SPOT の普及によって、スマホでは必ずしも契約した
キャリヤの回線を通じなくてもスマホ同士で通話するという選択肢が広がった
のですね。

 話はワープしますが、もうすぐ有機ELディスプレイで、クルクルっと丸められる
ものが出て来るそうなので、3〜4年後には
1.本体:卒業証書を入れる紙筒みたいな形状で、長さ35cm前後、直径5〜6cm
ストラップがついていて肩にかける。
    つまみを引っ張ると筒の中に巻き取られているディスプレイが引き出せる。
    サイズは 20インチ以上。当然タッチスクリーン。
    円筒内部にバッテリーをはじめコンピュータ、通信機器が組み込まれている。
2.レシーバー:耳かけ式 Bluetooth

 こんなのが出てくるんじゃないでしょうか?


- 関連一覧ツリー をクリックするとツリー全体を一括表示します)