メガソフト トップサポート間取り & 3D住宅デザインソフト 3Dマイホームデザイナーフォーラム
間取り & 3D住宅デザインソフト 3Dマイホームデザイナーフォーラム

[ フォーラムトップ ] [ 検索 ] [ 過去ログ ]
[ 間取り & 3D住宅デザインソフト 3Dマイホームデザイナーシリーズ ][ 3Dマイホームデザイナーサポートトップ ]

Re: ホントですか? - John 2012/09/08(Sat) 13:01
院長こんにちは。

>  「ライセンス料」は私の想像ですので、あまり信用しないで下さい(笑)。
了解しました(笑)
私も3DVisionのユーザーなだけなので詳しいことは判りませんし...

>1.「現バージョン」とは 「3DVision 2」のことですか? 
今年のはじめに購入した3Dノートパソコンの、最新ドライバという意味で書いていました。
当初はフルスクリーンモードだけだったのに、最新ドライバでウィンドウモードにも一部対応してきたので「最新」と曖昧な表現になってしまいました。
今は2が出ているのですね。知りませんでした。

>2.「DirectXのフルスクリーン」とは初耳だったので、検索してみましたが
>   DirectX のプログラミングに関しての記述ばかりで、私にはチンプンカンプン
>   でした。かいつまんで(それがかえってムズカシイ?)説明していただけると
>   ありがたいです。
>    ブッチャケた話、普通の全画面表示と「見た目」は違うのでしょうか?
2006年公開のこのフリーの3Dレーシングゲームをダウンロードして解凍すると良いサンプルが見られます。
http://www.vector.co.jp/soft/dl/win95/game/se169833.html
解凍して出来た「SR.exe」をダブルクリックして起動するモードがいわゆる「ウィンドウモード」で、「全画面表示」はこのウィンドウがデスクトップいっぱいに広がっている状態です。
そして同じく「config.exe」を起動して「フルスクリーン」にチェックを入れて「OK」を押し、再度「SR.exe」を起動したのが「フルスクリーンモード」です。
フルスクリーンモードでは画面がそのアプリに独占され、タスクバー等も一切表示されず、解像度もアプリによって制御されるようになります。
そしてこの3DVisionには対応不可能な時期に開発されたと思われる(笑)フリーのレースゲームが、私の環境ではフルスクリーンモード+PC付属の3Dメガネで立体視出来るので、マイホームデザイナーも...と思ったのです。

>> DirectXのフルスクリーン(全画面表示とは別)であればほぼ勝手に3Dグラスで
>> 立体視出来るようになってます。
>  それがホントなら、ATI でも MATROX(懐かしい) でも・・・ということになりそう
>
> ですが、3D Vision のドライバインストールの経験で、同じ NVIDIA でも、少し古い
> ビデオカードのままインストールしようとしたら「アンタのビデオカードでは
> インストールできませんぜ」という冷酷なメッセージが出て、泣く泣くショップへ
> 走った覚えがあります。
すみません、これらはnVidiaの3DVisionがインストールされた、nVidia3DVision対応PCで試した結果を書きました。
nVidiaの3D環境が揃っていることが前提です。


...という状況で3Dマイホームデザイナーの3Dウォークスルーモードを知って、私の中ですごい期待が盛り上がってきたのでこちらに書き込ませて頂きました(笑)

だいたいお伝えできたでしょうか。。。


- 関連一覧ツリー をクリックするとツリー全体を一括表示します)