メガソフト トップサポート間取り & 3D住宅デザインソフト 3Dマイホームデザイナーフォーラム
間取り & 3D住宅デザインソフト 3Dマイホームデザイナーフォーラム

[ フォーラムトップ ] [ 検索 ] [ 過去ログ ]
[ 間取り & 3D住宅デザインソフト 3Dマイホームデザイナーシリーズ ][ 3Dマイホームデザイナーサポートトップ ]

昨日の話の続き 1 - オオヤブクリニック院長 2012/07/15(Sun) 07:56
GAKUさん おはようございます
 昨日の話題の中で、アンチなしで高解像度レンダリングしておいて、保存した画像を
Photoshop で解像度を下げて擬似アンチ・・・という話がありましたね。
 昨日はほかの話題に移ってそのままになりましたが、今朝目が覚めた寝床の中でふと
思い出したとたんに目がパッチリ、ガバと飛び起きてPCの前に座り込んだ次第。

 発想がワープしまして、3DMのパース図では DIRECT X 表示で、影に適度のぼかしが
かかっていい感じなのに、レンダリング(レイトレ)すると「いかにもCGの
くっきり影」になってしまうのはなんとも悲しいよなぁ・・・から、
DIRECT X はもともとアンチもかかってるしことだし、これをそのまま利用したらどう
なるんだろう・・・となり、フルHD画面をキャプチャーしてPhotoshop で 観察して
みました。
 アンチの係り具合も Photoshop で拡大してみると、けっこういけます。ナビ、パレ
ットを非表示にしてパース図を切り出すと 1890*914dot になりました。
これなら A4 サイズだったらそのままでも使えるのではないか? と感じました。
 これをそのままレーザー(EPSON LP-S6000)に出力すると、全体に露出オーバー気味
の写真のようですが、Photoshop で 明るさ↓ コントラスト↑ の処理で調整可能な
範囲でした。

 さらに、ウチの GTS-250 では最大解像度 2560*1600(DVI出力) ですので、これに
対応したディスプレイさえあれば [DIRECT X 表示画面をキャプチャ] → [Photoshop
で解像度調整](GAKUさんの常用手法)とやればレンダリングの手間と時間が省け
そうです。

 さらに「高解像度ディスプレイ」で検索したら・・・
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n88285
 対応ビデオカード情報もあり(すごい値段)
 ここに出ている QFHD って、映画のデジタル配信かなにかで話題になった 4K という
のに近い解像度だなぁと思っていたら、まさしくそのことでした。今度は 「QFHD」で
検索したら
http://www.sony.jp/professional/News/info/pb20091006.html
 3年前に出てたんですね。なんと \650万

一方最新情報は
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20120510_531295.html
 6月下旬発売 \75万 3年で 1/9 になるんだったら、あと4〜5年我慢すれば
手が届きそう(笑)

 4k ディスプレイは 有機ELとの組み合わせで 2〜3年後に普及が進むのではない
かと思っていましたが、もっと早まりそうですね。

 ディスプレイカードは 出力 1ポート でいいから \2万以下(考えてみたら
  この値段、現在使っている GTS-250 の購入時価格だっけ)
 モニターは 40か32インチでいいから \10万以下 (40インチって A1図面をほぼ
   実寸で表示できるサイズですよ! A3図面なら 200%拡大表示したままで作図
   できますから、もう「スクロール」不要っていうことになるかも? 現在でも
   フルHDパネル採用の HDMI入力付の 40インチTVが、韓国製なら \4万
   そこそこで手に入ることがわかって、またしても物欲がムラムラしていた矢先。
   これでしばらく沈静化できるかな? 32インチなら A2 図面が実寸+α)
 ・・・今から貯金でも始めますか?

AM 4:30 に書き始めてふと時計を見ればもうすぐ 8:00 さぁ メシだぁ!


- 関連一覧ツリー をクリックするとツリー全体を一括表示します)