メガソフト トップサポート間取り & 3D住宅デザインソフト 3Dマイホームデザイナーフォーラム
間取り & 3D住宅デザインソフト 3Dマイホームデザイナーフォーラム

[ フォーラムトップ ] [ 検索 ] [ 過去ログ ]
[ 間取り & 3D住宅デザインソフト 3Dマイホームデザイナーシリーズ ][ 3Dマイホームデザイナーサポートトップ ]

Re^4: 新築物件の外観について - オオヤブクリニック院長 2012/06/09(Sat) 20:52
参照先https://box.yahoo.co.jp/guest/viewer?sid=box-l-e2szxq3zvktfde6tdlwljuzj7i-1001&uniqid=67006f72-9522-4914-bdb3-3bb606e750e1
しょういちさん こんばんは

> 3D図面の<パース図>は、確かに、レンダリングサイズと異なります。
> あと、テストレンダリングとも少しですが異なります。
> 合成する写真のデータサイズの関係やデータの縦横比も関係しているかもしれま
 せんね。

 そうなんですね、3DMがほかの3D−CGソフトより圧倒的に優れているのは、
間取り画面による入力。3D画面での「ウォークスルー」だと考えています。
そのかわり、レンダリングサイズ、範囲を厳密に予測するのはやさしくありません。
建築プレゼンに限って言えば、それでも大きな支障にはならないようです。

 Lightwave3D では パース画面と、カメラ画面を必要に応じて切り替えられるように
なっています。ただし、パース画面は、オブジェクトと、カメラ、ライトの位置
関係や動きをチェックするのが目的で、3Dマイホームのようなウォークスルーはでき
ません。([1] LWパースView.jpg)

 一方カメラ画面では、レンダリング結果の範囲を厳密に示します。
([2] LWカメラView)

 またカメラの画角、解像度(画素数)は数値入力のほか、さまざまな設定を行う
ため独立したカメラプロパティ画面があり、これらのパラメーターを理解するには、
導入当初はかなりの時間をかけて自分にとってのベストポジションを探る必要が
あります。([3] カメラプロパティ)
レンダリング結果は ([4] 完2C_0000)です。

 一度3DMを使うと、1からLightwave3D でモデリングするのはしんどいですね。

 画像はこちらにあります
https://box.yahoo.co.jp/guest/viewer?sid=box-l-e2szxq3zvktfde6tdlwljuzj7i-1001&uniqid=67006f72-9522-4914-bdb3-3bb606e750e1

 建築設計・デザインを本業とする人にとっては3Dマイホームの簡便さのほうが
とっつきやすいとも考えられます。

> 私にはマイホームデザイナーでやれるところまでやる方が良いようです。
 ピラネージの講習会は残念でしたね。おっしゃるとおり、まずは3DMでやれる
ところまでやってみたうえで、必要ならピラネージを含めて再検討すればよいと
思います。


- 関連一覧ツリー をクリックするとツリー全体を一括表示します)