メガソフト トップサポート間取り & 3D住宅デザインソフト 3Dマイホームデザイナーフォーラム
間取り & 3D住宅デザインソフト 3Dマイホームデザイナーフォーラム

[ フォーラムトップ ] [ 検索 ] [ 過去ログ ]
[ 間取り & 3D住宅デザインソフト 3Dマイホームデザイナーシリーズ ][ 3Dマイホームデザイナーサポートトップ ]

[05]掛川PA 下り線の巻 - オオヤブクリニック院長 2012/05/23(Wed) 20:12
参照先https://box.yahoo.co.jp/guest/viewer?sid=box-l-e2szxq3zvktfde6tdlwljuzj7i-1001&uniqid=6256b1d0-a9ee-44f2-a9dd-ad3ad061a528
05]掛川PA 下り線の巻
 外壁はアイボリーを基調としてアクセントにオレンジ色、おそらくミカンの
色を取り入れたのでしょう。
 内装はこれまででもっとも木目を生かした民芸調といった感じで、床にも大
巾に木目が取り入れられています。

 このPAで初めてWCを利用して偶然「このトイレの内装材及び園地の・・・」
という表示を目にしました。トイレだけでなくサービス棟にも使いたかったの
でしょうが、おそらく防火上の制限などで実現できなかったのでしょう。
 そのためかWCの入り口には「こんなところに必要?」と思われる自動閉鎖式
の防火扉が設置されていました。

 設備もデザインのひとつと解釈すると・・・他の公共施設では「節電のため
休止」と張り紙をされているところが多いエアータオルが、ここではうなりを
上げて動いていました。
 食品製造工場なら必要でしょうが、普通のWCにはエアータオルは不要だと
思っている私はエアタオルを横目にハンカチを使います。
 施設の用途・目的によってエアタオルが必要な場所以外ではエアータオル設
置は禁止するべきではないでしょうか?

 このPAで良いと思ったのは、喫煙スペースの扱いです。他のSA、PAでは、喫
煙スペースが主棟からはじき出されただけでなく、次第に遠くへ追いやられて
いるのではないかと思われる中で、ここでは喫煙室がしっかり主棟に組み込ま
れていて、風雨の時でも濡れずに喫煙室に出入りできるし、隣の軽食コーナー
との行き来も気軽にできます。これこそ心あるUD(ユニバーサルデザイン)
の例だと思います。
 私は2年ほど前に脱タバコ生活に入ったので、もはや利用することはない
(はず)ですが、「嫌煙権」の名のもとに、喫煙者にはどんな不便と犠牲を強
いても意に介さない風潮には「魔女狩り」のニオイさえ感じています。
 人間が必死に煙を吐き続けたところでその量は、軽自動車のアイドリングの
1/8がやっとです。車が走り出せばさらにその7〜8倍の排出量になるはず
で、排気量が増せばなおさらです。

 このPAで不思議なことに気づきました。サービス棟とWC棟は幅2mほどの
空間をはさんで、空間の両端の渡り廊下状のスペースでつながっているのです
が、この渡り廊下の中央にナイフで切り分けたように15cm ほどの隙間がある
のです。これに気付くと今までのSA、PA はどうだったのか気になり始めまし
た。そのうち確認しに行きたいと思います。
 防火上の必要? エクスパンション・ジョイントの予算を省いた?
真相をご存知の方、教えてください。

写真はこちらで公開しています。
https://box.yahoo.co.jp/guest/viewer?sid=box-l-e2szxq3zvktfde6tdlwljuzj7i-1001&uniqid=6256b1d0-a9ee-44f2-a9dd-ad3ad061a528


- 関連一覧ツリー をクリックするとツリー全体を一括表示します)