メガソフト トップサポート間取り & 3D住宅デザインソフト 3Dマイホームデザイナーフォーラム
間取り & 3D住宅デザインソフト 3Dマイホームデザイナーフォーラム

[ フォーラムトップ ] [ 検索 ] [ 過去ログ ]
[ 間取り & 3D住宅デザインソフト 3Dマイホームデザイナーシリーズ ][ 3Dマイホームデザイナーサポートトップ ]

レタッチの腕自慢 集まれ!! - オオヤブクリニック院長 2012/03/27(Tue) 19:16
 2月21日夜ラジオニュースで偶然「社会貢献学会」という神戸学院大学内の
団体が東日本大震災で被災した写真の修復作業を行っており、ボランティアを
募集していることを知り早速申込書をダウンロードしてFAXで送信しました。
 (本部は東北福祉大学にあり、神戸学院大は事務局)
 全国放送で紹介されたおかげで応募者が殺到したようで、登録完了メールが
届いたのは3/15でした。
 マニュアルを読んでデータの送受信を行うサイトの使い方を練習してから徐
々に作業を開始しましたが、これまでに修正できたのはたったの4枚にすぎま
せん。

 一般的に、パース作成には最終仕上げでレタッチがつき物で、私も必要に迫
られてやることはありますが、ムービー製作を念頭においている関係で、「レ
タッチを必要としないモデリングとライティング」を基本方針にしていますの
で、 最終段階でのレタッチは多くないですが、素材段階でのテクスチャにつ
いては Photoshop をかなり使い込んでいますし、写真のレタッチも経験があ
るので、すいすいと処理できるつもりでだったのですが「修正が必要な写真」
としてアップロードされている写真の多くは想像をはるかに超える損傷を受け
たものでした。
 私が子供のころの写真といえばまだモノクロの銀鉛写真で、その頃の写真は
たとえ水濡れしても乾かせばほぼ元通りになったと記憶しているのですが、あ
る時期以後の写真はカラーはもちろんモノクロでも、ちょうど染料系のインク
ジェットプリンタで印刷したもののように、激しくにじんだりゆがんだりする
ようです。

 実際、データ送受信サイトの状況を見ると、ボランティアの数に比べて修正
が完了するファイルの数は多くありません。まだまだボランティアの人数が必
要だと思います。

 日ごろ、パースのレタッチで腕に自信のある方はボランティアとして参加し
てはいかがでしょうか?

社会貢献学会 東日本大震災支援委員会
http://js-ss.org/news/information/entry-67.html

また、ボランティア登録申込書 兼 個人情報遵守誓約書は
http://js-ss.org/archives/001/201108/4e434ab04e465.pdf
私は誓約書に記載してある連絡先にFAXして申し込みました。


- 関連一覧ツリー をクリックするとツリー全体を一括表示します)