メガソフト トップサポート間取り & 3D住宅デザインソフト 3Dマイホームデザイナーフォーラム
間取り & 3D住宅デザインソフト 3Dマイホームデザイナーフォーラム

[ フォーラムトップ ] [ 検索 ] [ 過去ログ ]
[ 間取り & 3D住宅デザインソフト 3Dマイホームデザイナーシリーズ ][ 3Dマイホームデザイナーサポートトップ ]

勝手に解説 [9]課題2 アングルについて - オオヤブクリニック院長 2012/03/18(Sun) 21:48
勝手に解説 [9]課題2 アングルについて
--------------------------------------------------------------------------
第6回でも少しふれましたが、課題2はかなり自由度が高くなっています。はっ
きりと明示されているのは画像サイズの縦横のドット数の合計が 4,000 までという
規定があることと、A、B棟両方を見せること、というぐらいでその他はほとんど
自由裁量に任されています。
> この住宅群で構成される住環境を表現するのに最適と受験者自身
> が判断して独自に設定する。
 という問題文について、南北の居住区の間を東西に抜けている道路を中心にした
アングル、もひとつの「解」ですが、これも第6回に書いた、
・・・これら図面に記載されているものへの削除・加筆・変更は
> 不可であるが、公園と小川の平面形状と高低差については、受験
> 者が手を加えて独自に設定してもよい。

 とあるのは、出題意図としては「独自に設定したところを評価するから、
そこを見せろ」と言っているようなものです。上に書いた東西に抜ける道路を中心
にしたアングルではどう工夫しても、公園と小川の高低差を見せることはできませ
ん。視点を30〜40m上空に置いて全体を見下ろす・・・という方法も思いつき
ましたが、絵としてのテーマが拡散してしまうような気がして、今回は採用しませ
んでした。
 基本は・・・
・南側から
・視点の高さはできればアイレベル、上げても3m程度まで
 とし、あとは視点をどこに置くか? です。ウケねらいで、南北の道路が小川を
またぐ「橋の上か、その周辺から川の流れの蛇行を中心にその左右にA、B2棟を
含む居住区と、公園が向かい合っている様子を捕らえる」というのを最初に考えた
のですが、実際にカメラを設定してみるとなかなかピタっとくる感じになりません。
次第に時間が気になり始めたので、結局「無難」なアングルになりました。
 画像はこちらです。
https://box.yahoo.co.jp/guest/viewer?sid=box-l-e2szxq3zvktfde6tdlwljuzj7i-1001&uniqid=b08479c9-0187-486a-98bb-ef5d64ab4111&viewtype=detail

--------------------------------------------------------------------------
 続く


- 関連一覧ツリー をクリックするとツリー全体を一括表示します)