メガソフト トップサポート間取り & 3D住宅デザインソフト 3Dマイホームデザイナーフォーラム
間取り & 3D住宅デザインソフト 3Dマイホームデザイナーフォーラム

[ フォーラムトップ ] [ 検索 ] [ 過去ログ ]
[ 間取り & 3D住宅デザインソフト 3Dマイホームデザイナーシリーズ ][ 3Dマイホームデザイナーサポートトップ ]

【HOME・PRO共通】ガラスのグラデーション - オオヤブクリニック院長 2012/03/15(Thu) 04:18
miffy3さん はじめまして こんばんは(おはようございます?)
 う〜ん これねぇ。結論から言うと現在の3DMでは不可能です。3DMでは
「黒部分を透明にする」という機能がありますがこれだと「透明」か「不透明」
のどちらかで「半透明」の部分は表現できないのです。

 3D-Studio Max とか 私がメインにしている LightWave3D など高度な画像や
ムービー出力を主目的として作られたソフトは、材質・テクスチャに単純な
画像マッピングだけでなく、
 「透明度」「光沢」「凹凸」「鏡面反射度」などを、個別にマッピングしたり、
プロシージャルテクスチャと呼ばれる、数式計算を元とするパターンによって
別々のレイヤに発生させることができます。
 透明度にグラデーションを持つ画像を適用すれば miffy3さん がやろうとして
いる事や、ガラスのサンドブラスト仕上げの表現もできます。

 さらに、これらを重ね合わせたり、一つ一つの現れる度合いを調整するだ
けでなく、時間経過と共に変化させることもできるのが普通です。詳しくは、
これらのソフトのHPなどを参照してください。

 こんな風に書いてくると 3Dマイホームが劣っているように思われるかも
知れませんがそうではなくて、基本的な設計目的が異なっているからです。
Studio Max とか LW は前述のとおり極めて高度な画像を発生させることができ
るので、TVアニメや劇場映画の特殊効果として利用されたりするかわり、
「リアルタイム・ウォークスルー」はできませんし、1〜2分の長さのムービー
を出力するのに数時間から、データが重ければ(特に光源が多いと)数十時間の
時間を要することも珍しくありません。そのため、複数のマシンをネットワーク
で連結して計算を分担して時間を短縮する機能を装備しています。 LW ではこの
機能を「スクリーマー・ネット」と称し、最大 1000 台のマシンで作業分担でき
る仕掛けになっています。1000台なんてのは見たことありませんが 15台のシス
テムは拝見したことがあります。

 反対に、3Dマイホーム・シリーズは材質・テクスチャのレベルを制限する
ことで、リアルタイム・ウォークスルーを手に入れていると言ってよいでしょう。
 Studio Max とか LW の画像品質を持ちながら 3DM のウォークスルーを
実現するには、おそらく現在のパソコンより 千倍単位で高性能なマシンが必要
だと思います・・・・と言うと、それは何十年先の話? かと思うでしょうが、
私が3D−CGを始めたころには(およそ25年前?)640×400dot の
室内パースのレンダリングに1週間かかったものです。現在のパソコンと 3DM
なら、軽々と 20FPS(1秒間20コマ)以上でウォークスルーできるでしょうから、
これを単純比較すると
 7(日)×24(時間)×60(分)×60(秒)×20(FPS)=12,096,000倍 の処理性能という
ことになります(比較の妥当性については若干の疑問もありますが・・・)から
千倍やそこらはすぐに実現するかも知れませんね。

 お役には立ちませんでしたが参考にはなったでしょうか?

ところでお使いのバージョンは?


- 関連一覧ツリー をクリックするとツリー全体を一括表示します)