メガソフト トップサポート間取り & 3D住宅デザインソフト 3Dマイホームデザイナーフォーラム
間取り & 3D住宅デザインソフト 3Dマイホームデザイナーフォーラム

[ フォーラムトップ ] [ 検索 ] [ 過去ログ ]
[ 間取り & 3D住宅デザインソフト 3Dマイホームデザイナーシリーズ ][ 3Dマイホームデザイナーサポートトップ ]

勝手に解説 [6] - オオヤブクリニック院長 2012/02/29(Wed) 05:39
勝手に解説 [6]
--------------------------------------------------------------------------
 建築3Dパース検定の認定は、【初級】【中級】【上級】の3段階があり、
課題1の認定対象は【初級】となっています。
 ここまで5回にわたって課題1について解説(?)してきました。探せば
まだまだ話題がありそうですが、このあたりでとりあえず課題2に進もうと
思います。
 課題2の認定対象は【中級】【上級】ですが、【中・上級】の認定を受ける
ためには、課題1を提出して【初級】レベルに合格する必要がありますので、
全体としてみると、課題1は必須課題、課題2は選択課題と言えます。
課題2で、【中級】【上級】のどちらに認定されるかは、5名の「評価・判定委員」
によって評価されるそうですが、初級を含め、明確な評価基準や配点基準は示
されていませんが、評価結果は受験者全員に「評価結果通知書(PDF)」で通知
されることになっていますので万一「落選」となった場合、「なにが不十分
だったか」が示されるはずです。
 ○×や選択式のように、あらかじめ明確な「正解」を用意してある試験とは
違って、評価対象が「画像」なので、大げさに言えば「二科展」その他の
美術展に応募するのに通じるところがあります。

 さて、課題1については、画像サイズ(Dot数)、カメラの位置、方向だけで
なく画面全体に対して、対象建物の占める面積の割合まで明確に指定されて
いましたが、課題2では

> ・・・周辺の住環境を表現するのに最適と受験者自身が判断した画角、
> 仰俯角と視点で透視したパース画・・・
> ・・・回答画にはA棟とB棟を必ず表現すること。

 としているほか

> ・・・これら図面に記載されているものへの削除・加筆・変更は
> 不可であるが、公園と小川の平面形状と高低差については、受験
> 者が手を加えて独自に設定してもよい。

 とあるのは、出題意図としては「独自に設定したところを評価するから、
そこを見せろ」と読み替えて良いでしょう。また点景について、

> ・・・近隣住宅、人物、樹木、植え込み、街灯、自動車、遊具
> 等々が考えられるが、これらの種類、形状、スケール、配置場所
> に関しては、課題図面にはあえて表記してない。したがって、
> この住宅群で構成される住環境を表現するのに最適と受験者自身
> が判断して独自に設定する。

 となっています。人物〜遊具は既存のパーツから選んで配置するだけ、あるいは
多少手を加えれば用が足りますが、冒頭の「近隣住宅」というのが曲者だと感じま
した。普通の住宅地であれば、それぞれの区画の購入者の好みで、デザインはバラ
バラになるので、過去に作った住宅モデルの中から、接道方向とサイズの合うもの
を選んで配置するか、時間がなければ3Dマイホームのサンプル間取りから選ぶと
いう「最終手段」も頭をよぎりましたが、課題1,2の問題文の前にある「設計趣
旨」の

> 統一されたデザインコンセプトをもとに、複数の異なった間取り
> (タイプ)の住宅が設計され、これらの住宅がいくつか集まって
> ひとつの居住区を形成している。

 とあるので、図面で与えられたA,B2棟のデザインを参考に、南面道路用、北
面道路用、合わせて3棟の建物を開口部なしの「ホワイトモデル」で作りました。

--------------------------------------------------------------------------
 続く


- 関連一覧ツリー をクリックするとツリー全体を一括表示します)