作品No.11141

作品拡大図


作品名 「完成予想図」
作者名 山口 功(神奈川県)

コメント: 特徴:極力廊下を廃し、できる限り部屋のスペースを優先しました。特に、家族が時間を過ごすLDKを中心にスペースを確保し、2階は寝る場所と割り切りました。最も工夫したのは、1階のDとLを斜めに配置することで、適度な一体感と区切り感を出し、さらに視線を対角線に誘導することで「広さ」を演出してみました。また、玄関からすぐ2階に上がるのではなく、必ず人のいるLDKを通るようにリビングに階段を設けることに注力しました。家事動線も、キッチン、洗濯機置場(洗面所)などを近接配置させる工夫をしましたが、洗濯物を干すのが2階なので効果があったのかは不明です。2階の子供部屋は壁で区切らずに引き戸でつなげ、子供が小さい間は一つの部屋のようにして遊べるよう配慮しました。敷地の幅が狭いため、玄関の向きを斜めにすることで、扉を開けたときの閉塞感を回避すると同時に、アプローチを敷地の外側に誘導することでL脇のスペースを活用できるようにしました。
目的:新築のための間取り設計と既存家具の配置確認。
エピソード:実際には間取りプラグインを使って設計士さんとなんども打ち合わせしました。最終的に玄関の斜め部分をプラグインで作成できなかったので、デザイナー2で基礎から作りました。
活用アイデア:ノートパソコンにこのソフトを入れ、設計士さんとの打ち合わせ現場で話し合いをしながらリアルタイムに間取りの様子を変えていくと、イメージがつかみやすくて大変助かります。

メガソフト トップ | 間取りソフト 3Dマイホームデザイナー | サイトマップ |
プライバシーポリシー | 著作権・リンク |