作品No.10031

作品拡大図


作品名 「3Dマイホームデザイナーで建てた我が家」
作者名 川島市郎(茨城県)

コメント: 3Dマイホームデザイナーは、もともとレイアウトに役立ちそうと、1昨年前に購入したものの、使い方が難しく、半年くらい使いませんでした。昨年、事情があって急に家を建てることになり、それから必死で勉強、大いに活用させていただきました。家を建てようと思い立ってから契約までわずか2ヶ月弱、3Dマイホームデザイナーを覚えながら、間取りを考え、住宅メーカーとの打ち合わせに望む、という生活が4ヶ月くらい続きました。おかげで、3Dマイホームデザイナーの使い方も一通り覚えたようです。外観の色を変えたり、間取りを変えたり、飾り棚や和室のバリエーションなどを変えながら、11件の家を建てました。自分が家のイメージを正確につかむことが出来ることもさる事ながら、家族との共有化がスムーズに出来たこと、家具を配置しながら間取りを検討できるので、間取りの失敗もまったくありませんでした。また、住宅メーカーとのやり取りにも活用させていただきました。和室の床の間部と物入れ、玄関部の飾り棚など口で言っても正確なイメージは伝わらないと思い、3Dマイホームデザイナーで造ったバース図を持っていって打ち合わせました。そのため、話の食い違いはまったくと言っていいほど発生しませんでしたし、したがって工事の変更もほとんどなし、トラブルも無しで、家造りは極めてスムーズに進んだと思います。私が持っていったバース図を見て、住宅メーカーの営業マンも、素人がこんなにうまく出来るのかと驚いていたようです。(コメントより抜粋しております。)

メガソフト トップ | 間取りソフト 3Dマイホームデザイナー | サイトマップ |
プライバシーポリシー | 著作権・リンク |