草野球人のためのトレーニング現役トレーナー監修。草野球人のための基本トレーニング1週間メニュー。

肩安定化3

タイム

10回

肩関節を安定させるために働く肩のインナーマッスル・肩甲下筋を鍛えるトレーニングです。
肩関節は可動性が大きい分、安定性が低下するとさまざまな肩の障害の原因になってしまいます。
肩や肘の障害予防のためにもしっかり鍛えましょう。

【トレーニングの目安】野手・週2回/投手・毎日。

▼対象になる筋肉
 肩甲下筋
(※インナーマッスル)
対象となる筋肉-肩甲下筋
  • 1) 胸をはって背中をまっすぐにして立ち、バスタオルを丸めたものを脇に挟み、肘を90度に曲げてトレーニングバンドを握ります。
  • 2) 手首は固定したままで、肘を起点にしてゆっくり内側へ回転し、ゆっくり元に戻します。これで1回。

アドバイス

トレーニングバンドがないときは、水の入ったペットボトルなどで軽めの負荷をかけて行ってください。


このページのトップへ