あらかじめ製品に収録された火・炎・人物・車・道路等、素材を組み合わせるだけで事件・事故当時の状況を再現し、さらに360度の角度で確認できます。
3D素材の配置位置や人物のポーズは自由に変更できるため、事件・事故発生前後の状態把握にもご利用いただけます。簡単な住宅作成機能も搭載しております。
ダウンロード期間:2018年1月30日~2018年8月31日

ソフトウェアの特徴


あらかじめ製品に収録された火・炎・人物・車・道路等に3D素材を組み合わせるだけで、事件・事故当時の状況を再現し、さらに360度の角度で確認できます。
3D素材は配置位置や人物のポーズは自由に変更できるため、事件・事故発生前後の状態把握にもご利用いただけます。
簡単な住宅作成機能も搭載されています。

※ 3D事件・事故イラストデザイナーには「3Dデザイナーシリーズ」の基本技術が使われています。

ダウンロードはこちら
動作環境

※官公庁にお勤めでネット回線を通じてプログラムのダウンロードが
できない方はこちら
06-6147-2780
  • お電話での受付時間

    9:30~11:45 13:00~17:00(土日、祝祭日、休業日を除く)
からお問い合わせください。
現在、使用して頂いた方からのご意見・ご感想を募集しています。
今後の制作の参考にさせて頂きますので、ご協力よろしくお願い致します。