3DオフィスデザイナーLM

図面作成・備品レイアウト

誰でも簡単にオフィスレイアウトを作成

パーツを選んで平面図上に配置するだけの簡単操作。2ステップで、分かりやすいオフィスレイアウト図面(平面図)が短時間で完成します。

  • 床・壁(躯体)を描く
    図形を描くような直感的な操作で床や壁を描けます。
    マウスで自由に作成する以外に、ウィザードに従って長方形・L字型・凸型などの大まかな形状と寸法を指定して作成することも可能です。
    躯体作成
  • デスクなどのオフィス家具パーツを置く
    オフィス家具やドアといったオフィスレイアウトに必要な素材を1500点以上収録。マウスで平面図上にドラッグ&ドロップするだけで配置でき、サイズの変更も自由です。
    また、「隣接コピー」や、複数パーツの「グループ化」、数値を指定して移動・コピーできる「数値移動・数値コピー」など、多彩な機能で短時間で効率よくオフィスレイアウト図が作成できます。
    パーツ配置と収録パーツ見本
    ※収録している素材の詳細は、【収録済みオフィス家具分類表】をご覧ください。

できあがったオフィスレイアウトは平面図として使えるのはもちろん、ボタンひとつで立体表示できるので、変更後のオフィスがどういう見た目になるかの確認にも使えます。


たくさんのオフィス家具や備品をすばやく配置

オフィス内には多数の備品や家具があり、図面に並べるだけでも結構手間がかかるものですが、「隣接コピー」や、複数パーツの「グループ化」、数値を指定して移動・コピーできる「数値移動・数値コピー」など、オフィスレイアウトソフトならではの便利な機能で、レイアウト作成にかかる時間を短縮します。

 

寸法線を作成また配置後に、寸法線機能を使って2点間の距離を簡単に測ることができるため、使い勝手の確認も事前に行うことができます。



ゾーニングで目的に合った細かいプラン検討

おおまかに使用目的ごとの「ゾーン」を決め手から詳細なプランを決める手法を「ゾーニング」といい、オフィスの使いやすさはほぼゾーニングで決まるとも言われています。
3DオフィスデザイナーLMでは「ゾーン」「エリア」「スペース」と3段階に分けてプランニングでき、大規模なオフィスでもきめ細かい検討ができます。

ゾーンレイヤ表示


修正時の効率が違うマルチレイヤ編集機能

一度作成すれば変更の必要がない床・壁・柱などの躯体と、頻繁に配置変更する机・イス・書庫などの備品を別レイヤに作成。必要なレイヤだけを編集できるので効率が格段にアップします。



3DオフィスデザイナーLM アンケート

このページをご覧になった理由
この製品ページは、読みやすかったですか?
この製品ページには、知りたい情報が載っていましたか?
このページをご覧になって、製品に興味を持たれましたか?
オフィスデザイナーシリーズの製品を何かお持ちですか?
その他、この製品ページ関するご感想があればお書きください。
※ご返信は致しておりません。返信の必要なお問い合わせは、各窓口からお願いいたします。

このページのトップへ