ホーム3Dオフィスデザイナーシリーズユーザーサービス今週のひとりごと

大倉清教 今週のひとりごと

■変化のある空間

落ち着いた小部屋で仕事をしておれば、広く明るい外に出たときに開放的な気分になります。
広々とした大空間の荘厳さを感じた後で数寄屋風の和室のような空間に入ればいっそう、こじんまりとした良さを感じられます。

きらびやかで刺激のあるショッピングセンターへも行ってみたいけど、落ち着いた田舎の温泉にも行ってみたい。
いろいろな人と会って、にぎやかにさわいでみたいけど、ひとりになってゆっくり考えごともしてみたい。

おんなじことの繰り返しでは、退屈してしまいます。常に刺激的なことを求め続ければ疲れてしまいます。人間は気まぐれな動物なのでしょう。変化することとしないこと、刺激的なこととそうでないこと。その「変化」を必要としているのでしょう。

空間を計画する際にも、このようなあい反する二面性をうまくバランスさせることが求められます。

Kepla Design Studio 大倉清教 

(8月6日)